世界史中国史歴史

【中国史】彼ら無くして中国史は語れない!「匈奴」を中国史マニアがわかりやすく解説

今日は、中国史を勉強する上で避けては通れない『匈奴』について勉強していこう。

古代中国の時代から、常に政権を脅かしてきた北方の異民族、それが『匈奴』の印象でしょう。本当に『匈奴』とは恐るべき民族なのか?何故、彼らは中国と戦っていたのか?そして、彼らは最後は滅亡してしまったのか?

年間100冊以上を読む読書家で、中国史マニアのライターKanaと一緒に解説していきます。

ライター/Kana

年間100冊以上を読破する読書家。現在はコーチ業に就いており、わかりやすい説明が得意。中国史マニアでもあり、今回は「匈奴」について、わかりやすくまとめた。

そもそも『匈奴』という漢字はどこから?

モンゴルの歴史
By Otto Ehrenfried Ehler (1855-1895) – Uploaded by: Immanuel Giel 8 July 2005 08:51 (UTC) – Otto F. Ehlers: Im Osten Asiens. Mit zahlreichen Illustrationen und zwei Karten. Dritte Auflage. Berlin: Allgemeiner Verein für Deutsche Litteratur, 1896, パブリック・ドメイン, Link

 『匈奴』とは、日本語では(きょうど)と読みます。しかし、その名・読みにも様々な逸話があるため、まずはそこから勉強していきましょう。

 1つ目は、『匈奴』という言葉は、彼らが自称(もしくは他民族からの他称)したといわれている言葉を、予想して当てはめた漢字であるという説。

 2つ目は、彼らの前身の民族(もしくは同時期にいた他民族)と言われている『葷粥』(くんいく)の古代音『ヒュエンツュク』から来ているという説.

 3つ目は、『匈』『奴』共に、中国では悪字といわれている、主に『騒乱』を意味する言葉という説。

 4つ目は、中国史書に登場する『匈奴河水』という川があるのですが、この川に彼らがよく現れたから彼らを『匈奴』と呼んだ、もしくは彼らがよく現れたから川を『匈奴河水』と呼んだという説。

 『匈奴』については、あまりにも古い時代であり、決定的な資料に欠けているため、現在も研究が続いています。

『匈奴』はどう読む?

 続いては、『匈奴』の読みについでです。

 日本語では(きょうど)という読みが一般的であり、現代の中国では(ション・ヌゥ)と発音されています。

 しかし、秦や前漢の時代では(ヒュン・ノ)(ヒュン・ナ)(ヒュン・ナグ)等であったのではないかと言われているのです。

 さらには、後世で現れる『フン帝国』を築いた『フン族』は、この匈奴の末裔ではないかとの説もあり、そこから(フン・ナ)と呼ばれていたという説もあります。

 『匈奴』は、モンゴル高原に住んでおり、漢民族とは言語も違ったのです。そのため、彼らの発音を漢民族はうまく発音出来なかったのではないのでしょうか。そのため、当時の呼び名として様々なものが残っているのだと思います。

『匈奴』の登場はいつの時代から?

image by iStockphoto

 『匈奴』が歴史の中に姿を現すのは、春愁戦国時代の後半頃からと言われています。

 中国の北方地方で遊牧生活を送っていた彼らは『秦』の時代に部族統一が行われました。

 実際に、あの有名な『万里の長城』が築かれたのは、北方民族への備えでした。つまり『匈奴』対策であったのです。『秦』の時代には、既に畏怖される存在であったのでしょう。

 史書からは『周王朝』の王についてや制度について書かれた『逸周書』(いつしゅうしょ)に匈奴の名が登場します。これに関しては執筆された年代がわからない事から、完全な論拠にはならないのですが、犬やラクダ、馬、白玉、良弓を貢献する民族という記述が確認出来るのです。

『秦王朝』との戦い

 『匈奴』が歴史の表舞台に登場した最初の戦争は、春愁戦国時代の中国統一の戦いでした。『匈奴』は『韓』『趙』『魏』『燕』『斉』の五国とともに『秦』と戦ったのですが、その結果は知っての通り『秦』の大勝利となり『秦王朝』が開かれることとなったのです。

 紀元前215年、秦の「始皇帝」は将軍である「蒙恬」(もうてん)に『匈奴』の討伐を命じました。そして黄河南の地域(オルドス地方)を占領、『匈奴』を追い出すことに成功したのです。『匈奴』は騎馬戦術を行います。『秦』にとってその戦ぶりは恐ろしく、もう二度と侵攻を許したくなかったのでしょう。そんな思いから『城』を建築、これは騎馬を用いての侵攻を防ぐ目的でした。これこそが現代にも残る『万里の長城』なのです。

 また、『匈奴』にとっても「蒙恬」は天敵でした。蒙恬が将軍職についている間は、中々侵攻がうまくいかず、時代の流れによる将軍交代を狙いました。結局『匈奴』が再び黄河を超え、河南の地域の侵攻に成功したのは、始皇帝及び蒙恬の死後だったのです。

 『匈奴』は秦との戦いで、一時勢力が弱まります。しかし『秦』が滅び、中国国内での内戦『楚漢戦争』の間に、東の国『東胡』と西の国『月氏』を征服し強大な『匈奴帝国』を作り上げたのです。

『前漢王朝』との戦い

image by iStockphoto

 紀元前200年、『漢』と『匈奴』との間で大規模な戦いが起きました。それは、力をつけ強大な勢力となっていた『匈奴』の侵攻に対し、漢は皇帝「劉邦」(りゅうほう)みずから兵を率い対峙した戦いです。

 漢軍にとって不慣れな北の地での戦いは、大雪は寒波に見舞われた酷いものでした。『匈奴』は漢軍に対し偽装の退却を行うと、『白登山』(はくとさん)に誘い込むことに成功します。

 『匈奴』は劉邦を7日間に渡り包囲しましたが、劉邦軍の軍師の策により劉邦には逃げ出されてしまうのです。しかし、これにより『漢王朝』と『匈奴帝国』の間で、毎年一定の贈り物を匈奴の王に贈るという、漢にとっては屈辱的な弱腰外交がスタートしました。

 紀元前129年、漢の皇帝「武帝」は匈奴に対して強攻策をとるようになり、将軍である「衛青」(えいせい)に、匈奴を圧倒されてしまいます。そうして、河南の地の奪還を許してしまうのです。

 これによって形成は逆転し、紀元前114年頃からは漢から『匈奴』に対して人質が要求されるまでになってしまいました。

\次のページで「『匈奴』内部での紛争、『東西分裂』」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: