安土桃山時代室町時代戦国時代日本史歴史江戸時代

北政所寧々(ねね)を女性史に詳しい筆者が解説!秀吉を支えて天下統一に貢献した寧々の生涯を5分でまとめる

よぉ、桜木建二だ、今回は豊臣秀吉の妻、寧々の登場だ。秀吉は信長の草履取りから頭角をあらわして武将にとりたてられ、信長の死後は天下統一を果たした人だ。だけど、秀吉だけが偉かったのじゃなくて、寧々と結婚したおかげだというくらい、寧々もすごい人だったという話なんだ。日本史のなかでも女性史に詳しいライターのあんじぇりかと一緒に寧々さんについて解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている。今回は女性のあんじぇりかから見ても嫌味がなくて会ってみたいと思うほど魅力的な、北政所寧々(ねね)をご紹介。

北政所寧々(きたのまんどころ ねね)は、豊臣秀吉の糟糠の妻

image by PIXTA / 12743993

豊臣秀吉が織田信長に仕え出世し、ついには天下統一を成し遂げたのは、北政所寧々(ねね)がそばにいたからだと言っても過言ではありません。色々な交渉や人事について、秀吉のもっとも信頼できる相談相手であっただけでなく、秀吉が戦地へ赴いても留守を安心して任せておけるし、秀吉のカバーも出来るという、ある意味秀吉以上の器量と肝っ玉を持ち、人脈も持っていました。

北政所寧々(ねね)がいかに秀吉の天下統一の過程、統一後に重要な役割を果たしたかについて5分読めばわかるようまとめました。

1、北政所寧々(ねね)の生い立ちは

北政所寧々(ねね)は、尾張の国で、杉原定利と妻朝日殿の次女として生まれました。
生まれた年ははっきりせずに諸説あり。きょうだいは姉くま、兄木下家定、妹やや。 寧々とややは、母の妹である浅野長勝と七曲殿夫妻に子供がなかったために、浅野家の養女に。

1-1 北政所寧々(ねね)の名前について

昔の女性は普通は呼び名程度で、夫の出世と共に官位を授かれば正式名が出来て記録されるもの。夫の秀吉が関白になったとき、寧々も従三位、次いで従一位を授かり、吉子という名前を名乗りました。が、出生時につけられた名前、呼び名は、残っている寧々あての秀吉や他の人たちの手紙などをみると、おね、寧々などとあり、ね ではないかという説もあります。

しかしいくらなんでも、ね、はないでしょう。
私事ですが、大正生まれの「さよこ」という名前の女性が子供の頃、江戸末期生まれの祖父に「おさ、おさ」と呼ばれたと聞いたことがあります。今でも、えっちゃん、まーちゃんなど、名前の最初の一文字にちゃんをつけた呼び名は珍しくないですが、最初の一文字におを付けて呼ぶこともあったのでは。

寧々の妹はややなので、やはり寧々という名で、愛称としておねと呼ばれていた、と考えるのが自然ではないでしょうか

2、足軽時代の秀吉と結婚

image by PIXTA / 14536562

寧々の幼少時の話は伝わっておらず、藤吉郎と名乗った25歳の秀吉と結婚後、寧々の人生が始まったと言っていいでしょう。寧々は14歳だったと言われています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica