英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be ready to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「be ready to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…する準備が出来ている」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「be ready to ○○」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

熟語「be ready to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「be ready to 〇〇」には、「…する準備が出来ている」や「…する傾向がある」などの意味があります。それぞれの違いや意味、使い方、例文などについて、詳しく見ていきましょう。

意味その1 「…する準備が出来ている」

一つめは、「…する準備が出来ている」という意味です。ここでの ready は形容詞としての「準備できている状態である」という意味合いから「…する準備が出来ている」「いつでも…できる」となります。なお、主語は人に限らず、ものが主語になることもありますよ。

Are you ready to go with me?
あなたは私一緒に行く準備ができていますか。

He was ready to cry.
彼は今にも泣き出しそうだった。

The bridge is ready to fall.
その橋は今にも落ちそうだ。

意味その2 「…する傾向がある」

二つめは、「…する傾向がある」という意味です。もともと「準備ができている」という意味なので、「いつでも…できる状態」という意味合いから「…しがちである」「…する傾向がある」というにつながります。

He is too ready to make promises. 
彼は約束をしすぎる傾向がある。

She is ready to help others.
彼女は他人に世話をしがちである。

You are too ready to believe easily.
あなたは簡単に信じすぎる傾向がある。

次のページを読む
1 2 3
Share: