英語の熟語

【英語】1分でわかる!「need to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「need to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「○○する必要がある」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC900点で、現役の翻訳者であるライターミッシェルを呼んだ。一緒に「need to ○○」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ミッシェル

ライター/ミッシェル

中・高生の受験指導を経て、現在はアメリカで翻訳者として活動中。熟語の実践的な使い方を紹介する。

熟語「need to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「need to ○○」の意味は「○○する必要がある、○○しなければならない」です。似た意味の表現に「have to ○○」(○○しなければならない)や「should○○」(○○すべき)がありますが、「need to ○○」は必要性により「○○しなくてはならない」ニュアンスを表しています。

意味 「○○する必要がある、○○しなければならない」

「need to」で「○○する必要がある」という意味を表します。場合によっては「○○しなければならない」と訳したほうが自然なこともありますが、必要性があって「○○しなければならない」ニュアンスです。

「need to」の後には動詞原型が続きます。また、主語が三人称の場合は「needs to」に、過去形なら「needed to」になるので気を付けましょう。

I need to go to the toilet.
トイレに行く必要があります。

Do I need to buy tickets for the event?
そのイベントのためにチケットを買う必要がありますか?

Sarah needs to take the test again.
サラはもう1度テストを受ける必要がある。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「need to ○○」は「○○する必要がある、○○しなければならない」という意味だ。必要性によって「○○しなくてはならない」ニュアンスがあるぞ。

熟語「need to ○○」の言い換えや、似た表現は?

熟語「need to ○○」を言い換えるには「it is necessary 」(必要である)や「be required」(求められている)を使いましょう。「necessary」は「必要な」という意味の形容詞です。「require」は「要求する」という意味なので「be required」は「求められている=必要だ」を表します。

次のページを読む
1 2
Share:
ミッシェル