英語の勉強法

英語速攻攻略を目指す!「現在完了形」現役英語講師がわかりやすく解説

この記事では英文法の重要単元「現在完了形」について解説する。

現在完了には意味・用法が複数ありますが、あることを覚えるだけで使い分けをあっという間にマスターできるぞ。

国立大文学部卒業で、現役の英語講師でもあるライターすけろくを呼んです。一緒に「現在完了形」の攻略ポイントを確認していきます。

ライター/すけろく

現役英語講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

「英語 現在完了形」の意味・用法は?

image by iStockphoto

「英語 現在完了形」「have + 過去分詞」で表される時制で、大まかな「くくり」では現在形の仲間に入ります。

そして、主な意味・用法は「継続」「経験」「完了(結果)」の3つです。「完了」と「結果」を分けて解説する場合もありますが、ここでは1つの項目として取り扱います。

一見するとややこしそうに思えるのが、意味・用法の使い分けです。しかし、いっしょに用いられる副詞句(キーワード)に注目すると、驚くほど簡単にマスターできます。

「継続用法」のポイントは?

「継続用法」は、ある状態が過去から現在まで続いていることを示す用法で、主に「(ずっと)~している」と訳されます。

では、早速いくつかの例文とともに確認してみましょう。

We have lived in Japan for ten years.
私たちは、10年間日本に住んでいます

She has been sick in bed since last week.
彼女は、先週からずっと病気で寝ています

How long have you stayed at the hotel?
あなたがたは、いつからそのホテルに滞在しているのですか

継続用法で使われやすい副詞句は、「for ~(~間)」「since ~(~から、以来)」です。

また、具体的な期間をたずねたい場合は「How long ~?(どのくらいの間、いつから~?)」を用います。合わせて覚えておきましょう。

「経験用法」のポイントは?

「経験用法」は過去にその動作を行った経験があることを示す用法で、主に「~したことがある」と訳されます。では、こちらも例文で確認してみましょう。

\次のページで「「完了(結果)用法」のポイントは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: