英語の勉強法

【英語】「時制の一致」を現役塾講師が詳しくわかりやすく解説!時制の一致の要否と例外をチェック

「時制の一致」の原則では英語と日本語の違いに注目しよう!

今回の記事では、「時制の一致」について説明してきました。原則的には、主節が過去であり従属節が同時の出来事なら「時制の一致」を受けて過去形になるということでした。

また、「時制の一致」を受けないケースとして、真理や格言、習慣などは現在形、歴史上の事実は過去形でした。時制の基本的な考え方の通りになっていることを再確認しておくといいですね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2 3
Share: