英語の熟語

【英語】1分でわかる!「It’s a shame/pity (that) ~ .」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

言い換え例:「too bad」「unfortunate」「What a shame/pity」を使った言い換え

最初の例文の「too bad」も「It’s a shame/pity(that)〜.」と同様に「残念だ」という意味です。
「unfortunate」も「残念だ」という意味ですが、「It’s a shame/pity(that)〜.」が話し言葉で使われる表現なのに対して、こちらは書き言葉でよく使われます。
「What a shame/pity」は後ろに文章が続く場合もありますが、三つ目の例文のように「What a shame/pity」だけで使われる事が一般的です。

It’s too bad you had to give up your dream of being a pilot.
君がパイロットになる夢を諦めなければいけなかったのは残念だ。

It’s unfortunate that the voting rate has been dropping.
投票率が下がってきている事は残念な事である。

「I don’t think I can make it today.」「What a shame. I was looking forward to seeing you.」
「今日多分行けそうにない。」「残念だな。君に会うのを楽しみにしていたのに。」

熟語「It’s a shame/pity(that)〜.」を使いこなそう

この記事では熟語「It’s a shame/pity(that)〜.」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。何か残念な事があった時にさらっとこのフレーズが出てくると英語上級者っぽいですね。また、ネイティヴの人が「残念だ」という意味でよく使う「It/That sucks」というフレーズがあります。耳にする機会も多いと思いますが、あまり上品な表現ではないので、皆さんは上で紹介したフレーズを使うようにしてみてください。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2
Share: