英語の熟語

【英語】1分でわかる!「mistake A for B」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「mistake A for B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「AをBと間違える」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC900点で、海外勤務経験もあるライターNanakoを呼んです。一緒に「mistake A for B」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Nanako

カナダに留学中、日英翻訳のディプロマを取得し、その後、現地企業にて勤務。日常会話のみならず、仕事でも使える英熟語を伝える。

熟語「mistake A for B」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「mistake A for B」「AをBと間違える」を意味します。念のため、ここで動詞「mistake」の活用を確認しましょう。

(原形)mistake
(過去形)mistook
(過去分詞形)mistaken  です。

意味「AをBと間違える」

熟語「mistake A for B」の意味は「AをBと間違える」です。ふたつの物があって、それらを取り違えたときに使います。
この表現を使うときに、誤って前置詞「for」ではなく「as」を使って「mistake A as B」と言ってしまっている人を時々見かけますので、気を付けてください。

それでは例文を見てみましょう。

That woman mistook me for a well-known actor, and even asked me for my autograph.
あの女性は、僕を有名な俳優と間違えてサインまで求めてきました。

I’m always mistaken for my twin sister.
私はいつも双子の妹と間違えられます。

I often mistake her for her mother on the phone.
よく電話で彼女と彼女のお母さんを間違えてしまいます。

熟語「mistake A for B」の言い換えや、似た表現は?

熟語「mistake A for B」には、複数の言い換え表現があります。表現の幅を広げるために、ぜひ言い換え表現もマスターしてくださいね。

\次のページで「言い換え例:「take A for B」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: