英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be equivalent to …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「be equivalent to …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…に等しい」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「be equivalent to …」の意味や例文を見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

熟語「be equivalent to …」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「be equivalent to …」には、「…に等しい」や「…に相当する」という意味があります。少し難しそに見える単語ですが、「equivalent」のもとの意味からニュアンスなどを詳しく見ていきましょう。

意味その1 「…に等しい」

一つめの意味は、「…に等しい」です。形容詞「equivalent」は、「equi-」の部分は「等しい」を表し、後ろの「-valent」は「価値がある」という意味合いがあります。そこから、「価値において等しい」ということで、「(数量)に等しい」という意味につながりますよ。

One dollar is nearly equivalent to 100 yen.
1ドルはだいたい100円に等しい。

That is equivalent to around 20% of an income.
それは収入の約20%に等しい。

An ancient unit of time is equivalent to two hours.
昔の時間の単位は2時間に等しい。

意味その2 「…に相当する」

二つめは、「…に相当する」という意味です。「equivalent」のもとの意味から「価値が等しい」ということでしたが、さらに意味合いや事柄が等しいというニュアンスで「…に相当する、あてはまる、同じ意味である」という意味になります。

Yunomi is equivalent to a cup in Europe.
湯のみはヨーロッパでのカップに相当する。

Silence is occasionally equivalent to a lie.
沈黙は時には嘘に相当することもある。

Her request is always equivalent to an order.
彼女の要求はいつも命令に相当する。

\次のページで「熟語「be equivalent to …」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: