幕末敗者烈伝日本史明治歴史江戸時代

【3分でわかる】大鳥圭介はなぜ敗けたのか?歴史本「敗者烈伝」でわかる大鳥圭介の歴史

プロイセンの鉄血宰相ビスマルクの残した言葉に、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉がある。歴史には膨大な教訓が残されていて、状況こそ違えど、そこから学び取れるものは大きい。さらに敗者から学べることは、勝者から学べることよりもはるかに多い。

そこでこの連載では歴史作家の伊東潤氏の著作「敗者烈伝」から、「大鳥圭介」の敗因を見ていく。日本史に光芒を放ったこの人物がいかにして敗れていったかを知り、そこから教訓を学び取ってみよう。

この記事は「敗者烈伝」から内容を抜粋してお届け

IMAGE

敗者烈伝

単行本(ソフトカバー) > 歴史・時代小説
実業之日本社
伊東 潤(著)

¥1,760Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-19
ID: ↑パーツ内本文:0文字

最後まであきらめない理系指揮官

ID: ↑パーツ内本文:0文字

大鳥圭介
一八三三年〈天保四年〉~一九一一年〈明治四十四年〉

ID: ↑パーツ内本文:29文字

どの時代でも敗者に待っているのは、死か没落だ。後世に生きるわれわれは、敗者の潔さに感銘を受け、その死に様に心を打たれる。

「判官びいき」という言葉があるように、とくに日本人は敗者に優しい。

ところがここに、そうした「敗者の美学」に最も似つかわしくない男がいる。

いくら負けてもあきらめずに戦い、もうどうにもならなくなったところで、自決せずに降伏する。それだけならまだしも、いつの間にか新しい時代を担う一人になっている。これも一つの人徳なのだろうが、そのにじみ出るような愛嬌から、この男を嫌う人は少ない。

男の名は大鳥圭介。

幕末における「もう一人の龍馬」である。

ID: ↑パーツ内本文:286文字

故郷、尼崎藩で頭角を現す

image by PIXTA / 54890427

大鳥は天保四年(一八三三)、播州赤穂細念村の医家に生まれた。

尼崎藩の飛び地にあたる細念村は播磨国(兵庫県南西部)の西端にあり、戸数わずか十二の小村だ。大鳥家は代々、ここで医業を営んできた。

少年期、備前国の閑谷学校で勉学に励んだ大鳥は、十九歳の時、医業を継ぐため、赤穂の中島意庵という西洋医学の権威の許で修業した。

大鳥は意庵の塾にあった蘭語で書かれた医学書の翻訳本を読み、初めて西洋文化に触れ、空理に走らないその実証性に魅せられた。

洋学への思いは募り、嘉永五年(一八五二)の春、大坂に出た大鳥は緒方洪庵の適塾に入る。そこで蘭語を学び、蘭語で書かれた兵法書を読み、その面白さに取り憑かれる。

翌嘉永六年六月にはペリーが浦賀に、翌月にはプチャーチンが長崎に来航し、諸藩で海防意識が高まり始めた。こうした情勢下で、大鳥は軍事に関する蘭書を読みふけり、その筆耕と翻訳で学資を稼いだ。筆耕とは本を書き写すことだ。

さらに多くを学びたくなった大鳥は嘉永七年八月、江戸に向かった。

緒方洪庵の紹介で蘭方医・大木忠益の塾に寄宿することになった大鳥は、医学、物理学、兵法、砲術、築城術などの蘭書を乱読し、筆耕や翻訳をした。

大鳥の博識ぶりは江戸中の識者に知れ渡り、二十五歳の時、江川太郎左衛門英敏(坦庵英龍の息子)の塾から教授職への就任を依頼された。

しかし外圧は日増しに高まり、これまで以上に海防の重要性が叫ばれ始めていた。そんな最中の安政五年(一八五八)、大鳥の故郷の領主の尼崎藩は、大鳥を士分に取り立てる。

大鳥は大小砲の鋳造、砲台築造、洋式兵制の伝授と調練などに辣腕を振るったが、尼崎藩は保守的な藩の一つで、とても大鳥の器に合うものではなかった。

それでも大鳥の名は藩外まで鳴り響き、「尼崎に過ぎたるものが二つあり。沓脱石と大鳥圭介」という戯れ歌まで生まれた。

ちなみに尼崎藩鉄砲洲藩邸の沓脱石は、四万石の身代に見合わぬほど立派で、訪れたことのある他藩士は、「分不相応」と陰口を囁いたという。

ID: ↑パーツ内本文:856文字

幕府歩兵奉行としてフランス流兵学を学ぶ

Keisuke Otori.jpg
由published by 東洋文化協會 (The Eastern Culture Association) – The Japanese book “幕末・明治・大正 回顧八十年史” (Memories for 80 years, Bakumatsu, Meiji, Taisho),公有领域,链接

大鳥の無尽蔵の知識と抜群の指導力を聞きつけた徳島藩蜂須賀家は、大鳥を家臣として召し抱えたいと申し出る。

尼崎藩に義理立てした大鳥はこの話を断るが、両藩の話し合いにより大鳥の移籍が決まった。安政六年、二十七歳の時だった。

さらに同年十二月、幕府は大鳥に臨時の役職を与え、練兵・製銃・築城の責任者とした。

しかし時代は沸騰を続け、安政七年三月には桜田門外の変が、文久二年(一八六二)には生麦事件が、文久四年には攘夷実行(馬関戦争)、元治元年(一八六四)には天狗党の乱、池田屋事件、禁門の変などの事件や争乱が相次いで起こっていた。

陸海軍の洋式化を急ぐ幕府は慶応二年(一八六六)、三十四歳の大鳥を幕臣に取り立てる。旗本の中でも中位に届く破格の待遇だった。

早速、幕府開成所(後の東大)の教授に就任した大鳥は、欧州諸国の兵法書を中心とした翻訳に没頭した。もちろん英語も仏語もすぐにマスターした。

大鳥の学識は幕府開成所内でも飛び抜けており、歩兵差図役から歩兵頭、そして歩兵奉行へと異例の昇進を遂げていく。

この頃から大鳥は、馬丁、陸尺(駕籠かき)、雲助、博徒、火消などを集め、四大隊三千の兵力の伝習隊を組織して有事に備え始める。

慶応三年一月、十五名のフランス軍事顧問団を迎えた大鳥たちは、横浜太田村の練兵場で厳しい訓練を始めたが、幕府の権威と屋台骨は揺らぎ続けていた。

十月、将軍徳川慶喜が突然、大政奉還する。十二月、王政復古の大号令が発せられ、慶喜の辞官納地が決定することで、旧幕府と薩長新政府の衝突は不可避となる。

そして翌慶応四年正月三日、鳥羽・伏見の戦いで幕府軍は惨敗を喫した。

ID: ↑パーツ内本文:700文字

新政府に抵抗した開明派幕臣たち

image by PIXTA / 8227876

大鳥は幕臣の家に生まれたわけではない。また、政治活動に奔走する思想家や志士たちとも違う。出世を目指した野心家でもなく、根っからの軍人でもない。

大鳥は学究の徒だった。しかも理工系の技術専門家だ。こうした開明的で合理的な男が旧幕臣の意地を見せるなどとは、誰も思わなかったに違いない。それはオランダに留学してきた榎本武揚や、黒船と最初に接触した中島三郎助らにも言えることで、箱館の五稜郭で最後まで戦った面々が、頑迷固陋な保守派や徳川家と重代相恩の大身旗本ではなく、比較的、身分の低い開明派だったところが面白い。

もしも彼らが意地を見せていなかったら、維新後、新政府の顕官の地位は薩長土肥に独占され、敗者の側に身を置いてしまった旧幕藩の俊秀たちが、能力を発揮する場は失われたかもしれない。しかし大鳥たちのがんばりが、黒田清隆や山県有朋といった薩長の軍人たちを瞠目させ、敗者の側に身を置いた者たちの人材登用の門戸を、押し広げることにつながった。

ID: ↑パーツ内本文:420文字
次のページを読む
1 2
Share:
jun-ito2