プロイセンの鉄血宰相ビスマルクの残した言葉に、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉がある。歴史には膨大な教訓が残されていて、状況こそ違えど、そこから学び取れるものは大きい。さらに敗者から学べることは、勝者から学べることよりもはるかに多い。

そこでこの連載では歴史作家の伊東潤氏の著作「敗者烈伝」から、「蘇我入鹿」の敗因を見ていく。日本史に光芒を放ったこの人物がいかにして敗れていったかを知り、そこから教訓を学び取ってみよう。

この記事は「敗者烈伝」から内容を抜粋してお届け

IMAGE

敗者烈伝

単行本(ソフトカバー) > 歴史・時代小説
実業之日本社
伊東 潤(著)

¥1,760Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-19

時代の波に押し流された賢き人

豊臣秀頼
一五九三年〈文禄二年〉〜一六一五年〈慶長二十年〉

二〇一五年二月七日、司馬遼太郎氏を偲ぶ「第十九回菜の花忌」にパネリストとして参加した。この年は大坂の陣から四百年にあたり、司馬氏の代表作の一つである『城塞』が、パネルディスカッションのテーマとなった。

この作品の現代的意義について、私は昨今の国際情勢が十九世紀に戻りつつあることを指摘し、「われわれ日本人にとっての関ヶ原合戦が第二次世界大戦であるなら、今は、かりそめの平和を謳歌する大坂の陣前夜にあたる」と述べると、千四百人余の観客の間から、どよめきが起こった。

第二次世界大戦で敗れた相手の米国が、今は同盟国という違いはあるにしても、状況は大坂の陣前夜と酷似している。

秀頼の誕生と秀次の排除

image by PIXTA / 2029923

大坂の陣と言えば、この戦いに勝利した徳川家康よりも、敗れ去った豊臣秀頼を思い出す方が多いのではないだろうか。その実像がはっきりしていないにもかかわらず、秀頼は後世に鮮烈な印象を残していったからだ。

文禄二年(一五九三)八月、多くの人々の祝福を受け、一人の赤子が生まれた。父の豊臣秀吉は「拾った赤子は元気に育つ」という格言から、赤子の名を拾とつけた。これが後の秀頼である。

秀頼の母は側室の浅井氏(本名:茶々、通称:淀殿)で、兄の鶴松が早世しているため、二人にとって拾は次男にあたる。

秀頼が生まれた時、豊臣家の後継予定者は秀吉の甥の秀次だった。秀次は永禄十一年(一五六八)生まれで、秀吉との年齢差は三十一、秀頼との差は二十五もある。つまり秀吉と秀頼の年齢差五十六を勘案すれば、中継ぎとして絶好の位置にあった。

秀次は叔父の秀吉から関白職を譲られており、後継者指名もされていた。これにより秀吉は関白職を譲った人物を指す太閤となり、豊臣家による太閤・関白両殿下体制が確立された。

秀吉は両職を豊臣家で独占すべく、その家職化を図ろうとしていたのだ。

ところが実子の秀頼ができたことで、秀吉に疑心が生まれる。自分の死後、秀次によって天下が簒奪され、秀頼が殺されるのではないかと危惧し始めたのだ。

それなら、秀次から秀頼に関白職を譲らせればいいものだが、関白は天皇を補佐する執政のため、十六歳以下で就いた者はいない。先例をことさら重んじる朝廷としては、それより若い年齢での関白就任には難色を示すに違いない。

豊臣家にとっても赤子の関白では、朝廷工作がうまく運ばなくなる恐れがある。それゆえ秀吉は秀次を関白のままとし、秀頼(生後二カ月)と秀次の娘(七歳)を婚約させ、秀次の後継者に秀頼を立ててもらおうとした。

ところが秀吉は急速に老耄が進んだのか、疑心暗鬼に陥り、秀次を除くという方針に切り替えていく。確かに、秀次が関白の地位にとどまっている間に自分が死んでしまえば、秀頼の立場や生命が守られる保証はない。

結局、秀吉は秀次にありもしない罪を着せ、高野山に追放し、秀頼が成長するまで飼い殺しにしようとした。自害を命じなかったのは(自害を命じたという説もあり)、太閤・関白両職を豊臣家で独占するため、秀頼が十六歳になるまで生きていてもらわねばならなかったからだ。

しかし秀次もそれに気づいたのか、あてつけのように自害してしまった。

これにより関白職を朝廷に返上せざるを得なくなった秀吉は、己の政権構想に狂いが生じたことに激怒し、秀次の妻子眷属を皆殺しにする。

揺らぐ豊臣政権

image by PIXTA / 37901639

文禄五年五月、秀吉は四歳の秀頼を参内させ、従五位下左近衛権中将に任官させた。また秀頼の傅役として前田利家を取り立て、仮想敵である徳川家康の対抗馬に仕立て上げた。

慶長三年(一五九八)八月、秀頼が六歳の時に秀吉は死去するが、この時すでに、朝鮮出兵による国内の疲弊と中継ぎ後継者の不在から、豊臣政権の基盤は揺らいでいた。

一方、天下簒奪を狙う家康は(異説はあるが)、諸大名家との間に婚姻関係を結ぶなど、秀吉の遺言で禁じられていたことを平然と行い、豊臣家の権威に揺さぶりをかけてきた。

慶長四年正月、石田三成ら奉行衆による家康の弾劾が始まる。三成は前田利家の力を借りて現状維持を図ろうとするが、同年閏三月の利家の死によって、そのパワーバランスは一気に崩れる。

利家死去後、三成に恨みを持つ加藤清正や福島正則といった豊臣家武断派大名たちは三成を襲撃し、喧嘩両成敗の掟から三成を失脚させてしまう。これにより五大老(傅役)と五奉行(年寄)という、秀吉が設置した秀頼を守護する体制は崩れ去り、家康は豊臣政権を牛耳ることに成功する。

しかも利家の後任に指名された息子の利長は、秀頼を守る気などさらさらなく、八月には本拠の加賀に帰ってしまう。この行為は、利家の「自分の死後、三年は上方から離れるな」という遺言を無視したものだった。ほぼ同時に上杉景勝も帰国し、秀頼は有力者たちから見捨てられた状態となる(毛利輝元と宇喜多秀家も帰国中)。

翌九月、家康の画策によって利長に謀反の嫌疑がかけられるが、利長は母の芳春院(まつ)を江戸に送ることで(異説あり)、この嫌疑を解いた。これにより前田家は、家康に服従を誓ったことになる。さらに家康は大坂城西ノ丸に入り、「家康は伏見にいること」という秀吉の遺言を踏みにじった。

新たな政治秩序を築くためには、何かのきっかけが必要となる。家康は利長に続き、上杉景勝に上洛を促す。ところが景勝は、慶長三年正月に越後から会津に国替えになったばかりで、同年八月に秀吉が死去したため上洛し、その約一年後に帰国したばかりだった。

このような状況なので、景勝は上洛を断ったが、家康はそれを謀反と断定し、上杉討伐の兵を挙げた。ここから家康の出陣、その留守を突く三成の挙兵、そして関ヶ原の戦いへと、事態は一気に進んでいく。

才気あふれる秀頼

image by PIXTA / 12231899

秀頼に関する一級史料は極めて少なく、その言説もほとんど伝わっていない。しかし雄渾で勢いのある書風、自筆書状での流麗な文字と破綻のない文意、細部まで行き届いた書札礼などを見ると、常識をわきまえた優秀な人物像が浮かんでくる。

慶長十六年に十九歳の秀頼と家康は、二条城で会見をするが、それが終わった後、家康は腹心の本多正純に「秀頼は賢き人なり」と言ったとされる(『明良洪範』)。このことから秀頼が、家康を前にしても物怖じしない堂々たる人物だったと分かる。

よくここで、秀頼は「能ある鷹は爪を隠す」ことができなかったのかと言われるが、暗愚を装えば、家康はさらに踏み込んだ行動を起こすに違いない。しかし有能さをアピールしておけば、それが抑止力となり、家康は慎重になる。とにかく時間を味方に付けているのは秀頼なのだ。

また秀頼の体軀だが、「六尺五寸(約百九十七センチメートル)の大兵」だったと記されている(同書)。当時の人の平均身長(男性百五十七〜百五十九センチメートル)からすれば見上げるばかりの巨人だが、むろん白髪三千丈の類いだろう。とはいえ父の秀吉とは似ても似つかない、堂々たる体軀の持ち主だったことは確かだろう。

\次のページで「江戸幕府の成立と豊臣家の内紛」を解説!/

江戸幕府の成立と豊臣家の内紛

image by PIXTA / 44307468

関ヶ原合戦は、徳川方の一方的勝利に終わった。

よく「秀頼が出馬していれば」という意見を聞くが、大坂城にいては前線の状況もよく分からず、よもや一日で決着がつくなど、城内の誰もが思わなかったはずだ。

関ヶ原でにらみ合いが続き、戦線が膠着した上、賤ヶ岳合戦や小牧・長久手合戦のように、陣城戦に移行していくことも十分に考えられるのだ。

いずれにせよ関ヶ原合戦によって、豊臣家は天下人から摂河泉六十五万七千石の一大名に格下げされた。それでも秀吉恩顧の大名たちが生きていれば、彼らが抑止力になり、さしもの家康も、容易には秀頼と大坂城に手が出せなかったはずだ。

ところが秀頼と家康が二条城で対面を果たした慶長十六年、浅野長政、堀尾吉晴、加藤清正が相次いで没した。彼らは家康より若く、それまで病気がちとも伝えられていない。つまり家康の手の者による毒殺説というのも、あながち偽りとは思えない。何と言っても、家康は残り時間が少ないのだ。

慶長八年、六十二歳の家康は征夷大将軍となり、江戸幕府を開いた。同年八月には秀頼(十一歳)と千姫(七歳)の婚約を決める。千姫は家康の孫で秀忠の娘にあたる。

家康としては、時間切れ(急死)という事態を迎えた場合のリスクヘッジをしたのだろう。

幕府を開いた家康だが、西国支配の脆弱性と豊臣政権の権威を重んじたことから、この時期は「二重公儀」体制と呼ばれる。しかし関ヶ原合戦の痛手は大きく、すでに豊臣家は、政治的にも軍事的にも家康に対抗できなくなっていた。

実は、ここが一つの転機だった。もしも秀頼が大坂城を出て完全な公家となるなら、家康は秀頼の関白就任を許さずとも、豊臣家を残した可能性がなくもない。

一方、家康の立場も苦しい。後継者として将軍位を譲った秀忠は、豊臣恩顧の諸大名を従わせるほどの器量と実績を持ち合わせていない。そうなれば自分が元気なうちに、軍事力で豊臣家を滅ぼすしかないと思うのは当然だろう。

ところが天下の兵を動かすには、それなりの大義が要る。そうした中、苦肉の策として考え出されたのが、慶長十九年七月の「方広寺鐘銘事件」だった。

それに端を発し、豊臣方の内部では、何とか戦を回避しようとする宿老の片桐且元と、一戦も辞せずという構えの大野治長の対立がひどくなっていった。だが片桐且元の退去後は、治長が慎重になる一方、浪人衆の力を背景にした弟の治房が主戦論を唱え始める。最終的に大坂城内は、穏健派、中間派、主戦派の三つに分裂していくことになる。若い秀頼には酷かもしれないが、こうした分裂を抑えられなかった秀頼にも責任はある。

結局、大坂冬の陣と夏の陣が勃発し、豊臣家は滅ぼされ、秀頼は二十二年の生涯を閉じることになる。

関ヶ原の戦い後、秀頼が生き延びる方法はあったのか

image by PIXTA / 15052763

歴史を後世から見ると、豊臣家の滅亡は必然だったように思えてくる。しかし統一政権としての存続は難しくても、豊臣家が生き延びる可能性がなかったとは言いきれない。その鍵は家康の年齢だった。それがある限り、豊臣家は勝つための戦をする必要はなく、負けない戦をすればよかったのだ。つまり秀頼は生きているだけで活路が見出せるので、時間を稼ぐことに徹すればよかったのだ。

それでは私が豊臣家の執政なら、関ヶ原合戦の敗戦後に何をやったか。

ずばり城郭ネットワークの構築である。城というのは、いかに難攻不落の名城とて、一城では守るにも限界がある。しかしネットワーク化することにより、敵兵力を分散させることができ、そこに付け入る隙も出てくる。

とくに大坂城は南面が弱点なので、四天王寺の辺りに、ある程度の規模の城を築いておく。こうしておけば、家康が大軍を催してきても(結局、そうなったのだが)、大坂城一つに籠もるよりも時間が稼げる。

大坂方も、上町台地南西部の船場周辺に土佐堀・阿波座・博労ヶ淵・木津川などの砦群を築いている。しかしこれらは、木津川からの物資荷揚げ時に安全を確保するためのもので、大坂城と連携し合って防御する目的で築かれる支城とは性格を異にしている。

むろん申し分のない支城ネットワークを築いたからといって、それで万全というわけではない。現に小田原合戦でこの戦略を実践した北条氏は、支城が相次いで降伏してしまい、ネットワークが機能しなかった。しかも遠征軍の最大の弱みの補給の問題も、支城が降伏すると、そこに蓄えられている兵糧や武具が敵のものとなるので、容易に解決されてしまう。それでも大坂城だけで戦うよりは、作戦に多くの選択肢が得られるはずだ。

最後になったが、豊臣家滅亡の原因が秀吉にあったことは明らかだろう。すなわち、家康と決着を付けておかなかったこと、秀次を自害に追い込んだこと、朝鮮出兵を断行したこと、この三点によって豊臣家の没落は見えていた。結果論ではなく、朝鮮出兵にかけた経費を家康討伐に使い、秀次に中継ぎを託していれば、少なくとも豊臣家は、秀頼の代では滅びなかったはずだ。

秀頼は天下の統治者としての大きな可能性を秘めながら、それを開花させることなく滅んでいった。歴史というのは時に残酷なものだ。

豊臣家と大坂の陣が、ポピュリズムと覇権主義に席巻された現代を生きるわれわれにとって他人事でないのは、もはや言うまでもないだろう。

 

この記事は「敗者烈伝」から内容を抜粋してお届け

IMAGE

敗者烈伝

単行本(ソフトカバー) > 歴史・時代小説
実業之日本社
伊東 潤(著)

¥1,760Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-19
" /> 【3分でわかる】豊臣秀頼はなぜ敗けたのか?歴史本「敗者烈伝」でわかる豊臣秀頼の歴史 – ページ 2 – Study-Z
安土桃山時代敗者烈伝日本史歴史

【3分でわかる】豊臣秀頼はなぜ敗けたのか?歴史本「敗者烈伝」でわかる豊臣秀頼の歴史

江戸幕府の成立と豊臣家の内紛

image by PIXTA / 44307468

関ヶ原合戦は、徳川方の一方的勝利に終わった。

よく「秀頼が出馬していれば」という意見を聞くが、大坂城にいては前線の状況もよく分からず、よもや一日で決着がつくなど、城内の誰もが思わなかったはずだ。

関ヶ原でにらみ合いが続き、戦線が膠着した上、賤ヶ岳合戦や小牧・長久手合戦のように、陣城戦に移行していくことも十分に考えられるのだ。

いずれにせよ関ヶ原合戦によって、豊臣家は天下人から摂河泉六十五万七千石の一大名に格下げされた。それでも秀吉恩顧の大名たちが生きていれば、彼らが抑止力になり、さしもの家康も、容易には秀頼と大坂城に手が出せなかったはずだ。

ところが秀頼と家康が二条城で対面を果たした慶長十六年、浅野長政、堀尾吉晴、加藤清正が相次いで没した。彼らは家康より若く、それまで病気がちとも伝えられていない。つまり家康の手の者による毒殺説というのも、あながち偽りとは思えない。何と言っても、家康は残り時間が少ないのだ。

慶長八年、六十二歳の家康は征夷大将軍となり、江戸幕府を開いた。同年八月には秀頼(十一歳)と千姫(七歳)の婚約を決める。千姫は家康の孫で秀忠の娘にあたる。

家康としては、時間切れ(急死)という事態を迎えた場合のリスクヘッジをしたのだろう。

幕府を開いた家康だが、西国支配の脆弱性と豊臣政権の権威を重んじたことから、この時期は「二重公儀」体制と呼ばれる。しかし関ヶ原合戦の痛手は大きく、すでに豊臣家は、政治的にも軍事的にも家康に対抗できなくなっていた。

実は、ここが一つの転機だった。もしも秀頼が大坂城を出て完全な公家となるなら、家康は秀頼の関白就任を許さずとも、豊臣家を残した可能性がなくもない。

一方、家康の立場も苦しい。後継者として将軍位を譲った秀忠は、豊臣恩顧の諸大名を従わせるほどの器量と実績を持ち合わせていない。そうなれば自分が元気なうちに、軍事力で豊臣家を滅ぼすしかないと思うのは当然だろう。

ところが天下の兵を動かすには、それなりの大義が要る。そうした中、苦肉の策として考え出されたのが、慶長十九年七月の「方広寺鐘銘事件」だった。

それに端を発し、豊臣方の内部では、何とか戦を回避しようとする宿老の片桐且元と、一戦も辞せずという構えの大野治長の対立がひどくなっていった。だが片桐且元の退去後は、治長が慎重になる一方、浪人衆の力を背景にした弟の治房が主戦論を唱え始める。最終的に大坂城内は、穏健派、中間派、主戦派の三つに分裂していくことになる。若い秀頼には酷かもしれないが、こうした分裂を抑えられなかった秀頼にも責任はある。

結局、大坂冬の陣と夏の陣が勃発し、豊臣家は滅ぼされ、秀頼は二十二年の生涯を閉じることになる。

関ヶ原の戦い後、秀頼が生き延びる方法はあったのか

image by PIXTA / 15052763

歴史を後世から見ると、豊臣家の滅亡は必然だったように思えてくる。しかし統一政権としての存続は難しくても、豊臣家が生き延びる可能性がなかったとは言いきれない。その鍵は家康の年齢だった。それがある限り、豊臣家は勝つための戦をする必要はなく、負けない戦をすればよかったのだ。つまり秀頼は生きているだけで活路が見出せるので、時間を稼ぐことに徹すればよかったのだ。

それでは私が豊臣家の執政なら、関ヶ原合戦の敗戦後に何をやったか。

ずばり城郭ネットワークの構築である。城というのは、いかに難攻不落の名城とて、一城では守るにも限界がある。しかしネットワーク化することにより、敵兵力を分散させることができ、そこに付け入る隙も出てくる。

とくに大坂城は南面が弱点なので、四天王寺の辺りに、ある程度の規模の城を築いておく。こうしておけば、家康が大軍を催してきても(結局、そうなったのだが)、大坂城一つに籠もるよりも時間が稼げる。

大坂方も、上町台地南西部の船場周辺に土佐堀・阿波座・博労ヶ淵・木津川などの砦群を築いている。しかしこれらは、木津川からの物資荷揚げ時に安全を確保するためのもので、大坂城と連携し合って防御する目的で築かれる支城とは性格を異にしている。

むろん申し分のない支城ネットワークを築いたからといって、それで万全というわけではない。現に小田原合戦でこの戦略を実践した北条氏は、支城が相次いで降伏してしまい、ネットワークが機能しなかった。しかも遠征軍の最大の弱みの補給の問題も、支城が降伏すると、そこに蓄えられている兵糧や武具が敵のものとなるので、容易に解決されてしまう。それでも大坂城だけで戦うよりは、作戦に多くの選択肢が得られるはずだ。

最後になったが、豊臣家滅亡の原因が秀吉にあったことは明らかだろう。すなわち、家康と決着を付けておかなかったこと、秀次を自害に追い込んだこと、朝鮮出兵を断行したこと、この三点によって豊臣家の没落は見えていた。結果論ではなく、朝鮮出兵にかけた経費を家康討伐に使い、秀次に中継ぎを託していれば、少なくとも豊臣家は、秀頼の代では滅びなかったはずだ。

秀頼は天下の統治者としての大きな可能性を秘めながら、それを開花させることなく滅んでいった。歴史というのは時に残酷なものだ。

豊臣家と大坂の陣が、ポピュリズムと覇権主義に席巻された現代を生きるわれわれにとって他人事でないのは、もはや言うまでもないだろう。

 

1 2
Share: