アメリカの歴史世界史歴史独立後

「フランクリン・ルーズベルト」はどのような政治家だった?元大学教員がその全貌を解説

よぉ、桜木建二だ。「フランクリン・ルーズベルト」と言えば、世界大恐慌の時期にニューディール政策を推進したアメリカ大統領として知られている。また、第二次世界大戦が勃発した際、参戦する決断をしたのもルーズベルト大統領。大統領の在任期間が長期に及んだこともあり、歴史上のいろいろな出来事に関わった。

それじゃ、「フランクリン・ルーズベルト」が大統領に就任してから行った政策とその功罪について、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。アメリカの歴史を見ていくとき「フランクリン・ルーズベルト」を避けて通ることはできない。「フランクリン・ルーズベルト」の大統領としての在職期間は長く、関わった歴史的出来事は多い。そこで「フランクリン・ルーズベルト」に関連する出来事をまとめてみた。

ID: ↑パーツ内本文:154文字

フランクリン・ルーズベルトは民主党から出馬した第32代大統領

FDRfiresidechat2.jpg
パブリック・ドメイン, Link

フランクリン・ルーズベルトは民主党から出馬して第32代大統領として活躍した政治家。大統領選挙にて4選していますが、これは合衆国史上唯一の事例です。在職期間が長期に渡るため、世界大恐慌、ニューディール政策、第二次世界大戦など、関わった出来事は多岐にわたります。

ID: ↑パーツ内本文:129文字

ニューヨク州の裕福な家庭に生まれたルーズベルト

フランクリン・ルーズベルトは、1882年1月30日にニューヨーク州北部にあるハイドパークで生まれました。彼の父親はデラウェア・アンド・ハドソン鉄道の副社長を務めていたジェームズ・ルーズベルト。母親はサラ・デラノというフランス系のプロテスタント教徒でした。

1904年にハーバード大学を卒業したフランクリンは、その翌年にアナ・エレノア・ルーズベルトと結婚。アナは、第26代大統領であったセオドア・ルーズベルトの姪っ子でした。その後、コロンビア大学のロースクールを卒業したのち、ダッチェス郡から州上院議員選挙に出馬、政治家としての道を歩みはじめます。

ID: ↑パーツ内本文:274文字

民主党支持と共和党支持に分かれたルーズベルト家

フランクリンの出身であるルーズベルト家は二つの系統があります。第26代の大統領をつとめたセオドア・ルーズベルトが帰属するのが「オイスター・ベイ・ルーズベルト」家。伝統的に共和党を支持しており、セオドアも共和党から出馬しています。

一方、フランクリンが帰属しているのが「ハイドパーク・ルーズベルト」家。19世紀に民主党支持に変わった家系です。そのためフランクリンは民主党から出馬。フランクリンの結婚式で、亡くなった実父の代わりとしてセオドアが出席していますが、政治的には対立していました。

ID: ↑パーツ内本文:244文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ルーズベルトという姓は日本語読みにするといくつかの標記がある。「ルーズヴェルト」「ローズヴェルト」「ローズベルト」など。どれが正解というわけではないが、ここでは「ルーズベルト」で統一して話をすすめる。

ID: ↑パーツ内本文:100文字

海軍の拡張を推進したフランクリン・ルーズベルト

image by PIXTA / 15807482

フランクリン・ルーズベルトは生涯に渡って海軍の拡張に力を注ぎました。彼の海軍に対する愛着は、政治家として駆け出しの時期に、海軍次官として仕事をしたことに由来します。

ID: ↑パーツ内本文:82文字

ニューヨーク州議員時代は海軍次官としてカリブ海支配に関与

ダッチェス郡から州上院に出馬したフランクリンは見事に当選。1913年にウッドロウ・ウィルソン大統領によって海軍次官に任命され、海軍とのかかわりを深めていきます。

合衆国が唱えていたのが「パン・アメリカ主義」。軍事介入することなく中南米・カリブ海諸国を支配下に置くことを目指していました。フランクリンは、ジョセファス・ダニエルズ海軍長官のもと、中南米・カリブ海諸国に向けて海軍を派遣。合衆国の支配力の拡張にかかわります。

ID: ↑パーツ内本文:210文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke