英語の熟語

【英語】1分でわかる!「urge … to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「urge…to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…に○○するように強く勧める」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んだ。一緒に「urge…to ○○」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Lillygirl

ライター/Lillygirl

中学時代、苦手だった英語を克服した現役英語講師。わかりやすい説明をモットーに日々、解説に励む。

熟語「urge… to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

今回は、「urge … to 〇〇」を考えましょう。この表現の意味は、「…に〇〇するよう強く勧める」という意味です。

urge」には「駆り立てる」「追い立てる」「しきりに促す」という意味があります。

実際に、どんな場面で使えるか考えましょう。

1 「強く勧める」と言ってみよう

まず、この表現を使って、「~を強く勧める(勧めた)」と言ってみましょう。

強く勧めるわけですから、人物の感情が強く表現されますね。
過去形は「urged」です。

例文で確認しましょう。

I urge you to go abroad once of your life.
人生で一度は海外に行くことを強く勧めるよ。

She urged her boyfriend to be positive.
彼女は彼氏にポジティブになるように強く促した。

Teachers usually urge students to go to university.
先生は普通、生徒に大学に行くように強く勧める。

2 「説得する」と言ってみよう

今度は、「説得する」と言ってみましょう。

人生の中で、説得したり、説得されたりする場面は誰にでもあると思います。
説得される側だったことを表現したければ、「I was urged」と受け身文を作ってみましょう。

それでは、例文です。

I was urged my friend to keep pursue this way.
私は友人から、この道を突き進むよう説得された。

Bob urged Kate to stay in the USA.
ボブはケイトにアメリカに留まるよう説得した。

She will urge her mother to change her mind.
彼女は母親に考えを変えるように説得するだろう。

次のページを読む
1 2 3
Share:
Lillygirl