英語の熟語

【英語】1分でわかる!「Chances are (that) ~.」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「Chances are (that) ~.」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「おそらく〜でしょう」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んです。一緒に「Chances are (that)~.」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Lillygirl

中学時代、苦手だった英語を克服した現役英語講師。わかりやすい説明をモットーに、日々英語の解説に励む。

熟語「Chances are (that)~」の意味は?

image by iStockphoto

今回の熟語「Chances are (that)~」の意味は「おそらく〜だ」です。

chance」には「見込み」とか「可能性」という意味があります。この言葉がどんな働きをするのか、具体的に考えてみましょう。

意味その1 「おそらく〜だ」と言ってみよう

chances are (that)~」を直訳すると「可能性は〜」です。

それで、おそらくこの可能性があるというニュアンスで使われます。

物事の仮定可能性を考える際に、用いてみましょう。

それでは例文です。

The chances are that you will pass the test.
おそらく君はテストに合格するだろう。

The chances are that she will come back at 12:00.
おそらく彼女は12時には帰ってくるだろう。

The chances are that James will come to the party.
おそらくジェームズはパーティーにくると思うよ。

意味その2 「ひょっとして〜」と言ってみよう

「おそらく〜だ」と似たような表現ですが、「ひょっとすると(ひょっとして)〜かもしれない」という文章も作ることができます。
「おそらく〜だ」よりは少し可能性が低い表現ですね。

「ひょっとして、あの人は〜なんじゃないか?」などと噂をする時に使えるかもしれません。

例文で考えましょう。

Chances are that your bag is in the closet.
ひょっとして、あなたのバックは押入れの中にあるかもよ。

The chances are that Bob will get 1st prize.
ひょっとしてボブは1位になるかもしれない。

The chances are that I left my wallet at home.
ひょっとしてお財布は家においてきたかもしれない。

\次のページで「熟語「Chances are (that)~」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: