英語の熟語

【英語】1分でわかる!「There is still a long way to go before ~ .」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「There is still a long way to go before~」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「〜するのはまだずっと先のことである。」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んです。一緒に「There is still a long way to go before~」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Lillygirl

中学時代、苦手だった英語を克服した現役英語講師。わかりやすい説明をモットーに、日々英語の開設に励む。

熟語「There is still a long way to go before~」の意味は?

image by iStockphoto

今回は、「There is still a long way to go before〜」という表現を考えましょう。

とっても長い熟語ですね。

go before」には「先に起こる」という意味があります。

具体的に考えましょう。

「〜するのはまだずっと先のことだ」と言ってみよう

先ほども述べたように「go before」は「先に起こる」または「人より先に行く」という意味です。

それで、「There is still a long way to go before」は「〜するのはまだずっと先のことだ」「〜の前には長い道のりがある」というようなニュアンスになります。

例文で考えましょう。

There is still a long way to go before going abroad.
海外に行くのはまだずっと先のことだ。

There is still a long way to go before estalishing new company.
新しい会社を設立するのはまだずっと先のことだ。

Don’t say “There is still a lon way to go before the dreams come true.”
「夢が実現するのはまだずっと先のことだ」なんて言うなよ。

熟語「There is still a long way to go before~」の言い換えや、似た表現は?

今度は、「There is still a long way to go before〜」の言い換え文を考えてみましょう。

今回考えるのは「将来のこと」と言う観点から、「In the future」と言う表現です。

それでは具体的に考えましょう。

\次のページで「言い換え例:in the future を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: