英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be short of …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「be short of …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…が不足している」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んです。一緒に「be short of …」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

熟語「be short of …」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「be short of …」は「…が不足している」ことを表します。「short」は「低い」や「不足している」という意味の形容詞です。「be short of …」の意味や言い換え表現を、例文と一緒に詳しく見ていきましょう。

意味「…が不足している」

「be short of …」は「…が不足している」という意味です。「short」の「低い、短い」という意味から、十分でないことが分かりますね。何かが不足しているという様子を表しています。

I’m short of butter to make an apple pie.
アップルパイを作るのに、バターが不足している。

I’m short of 10 bucks to buy this cloth.
この服を買うのに、10ドル不足している。

When I was running for 15 minutes, I was short of breath.
15分間走っていたとき、私は息切れをした。

熟語「be short of …」の言い換えや、似た表現は?

「be short of …」の言い換え表現として、「run short of」「lack」があります。それぞれニュアンスが異なるので、例文と一緒に確認をしてみましょう。

\次のページで「言い換え例:「run short of」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: