英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be about to ○○」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

熟語「be about to ○○」の言い換えや、似た表現は?

「まさに○○しようとするところ」という意味の熟語「be about to ○○」を言い換えるには「be almost ○○ing」や「be ○○ing very soon」を使いましょう。まったく同じ意味ではありませんが、似た意味を表すことができます。

また、過去形で「○○しようと思ったけど(しなかった)」という意味を表す場合も同じように「was(were)~ing」や「was(were) almost~ing」を使いましょう。

言い換え例:「be almost○○ing」や「be ○○ing very soon」を使った言い換え

「be ○○ing」は「○○している」という現在進行形です。そこに「very soon」(すぐに)や「almost」(ほとんど)を付け加えることで「今すぐに」「もうすぐ」というニュアンスを出しましょう。ただし、「about to」のように「今まさに」という緊迫感はかなり薄れた表現になってしまいます。

The show is beginning very soon.
ショーはもうすぐ始まります。

The train is almost leaving.
電車はもう発車しようとしています。

The class is starting very soon.
もうすぐ授業が始まります。

言い換え例:「was(were)~ing」や「was(were) almost~ing」を使った言い換え

「was(were) ○○ing」は「○○していた」という過去進行形です。「almost」を加えると「ほぼ○○しそうだった」という意味を表すことができます。

I was almost sleeping when John called me.
ジョンが電話してきたとき、私はほとんど寝そうになっていた。

Sarah was leaving when I reached there.
私がそこに着いたとき、サラは帰るところだった。

I was almost awake when the alarm rang.
目覚ましが鳴った時、私はほとんど起きかけていた。

\次のページで「熟語「be about to ○○」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: