英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be careful not to ○○」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「be careful not to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「Vしないように気をつける」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC855点で、元学習塾英語講師であるライターYuを呼んです。一緒に「be careful not to ○○」の意味や例文を見ていきます。

ライター/yu

元英語学習塾講師。外国語大学英米語学部卒業。1年間の交換留学、東南アジアバックパッカーの経験を活かし様々な視点から英語学習におけるコツを伝える。

熟語「be careful not to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「be careful not to ○○」は「Vしないように気をつける」という意味で使われます。「Be careful!(気をつけて) 」というフレーズを聞いたことがあると思いまが、「be careful not to ○○」は後ろに「何に気をつけるのか」が来るので、より使い勝手が広がるでしょう。

意味その1 「Vしないように気をつける」

上述したように、熟語「be careful not to ○○」には「Vしないように気をつける」という意味があります。「Careful」 が形容詞なので、文を作るには、be動詞が必要になりますね。また何をしないよう気をつけるのかがそのあとの「not to+動詞の原型」 というかたちで続きます。詳しい使い方を例とともに見ていきましょう。

Be careful not to fall from the tree!
木から落ちないように気をつけて!

My brother was so careful not to eat too much at the restaurants.
私の兄はレストランで食べすぎないよう気をつけていた。

I am always careful not to break any dishes at my work place.
私は職場で皿をひとつも割らないようにいつも気をつけている。

熟語「be careful not to ○○」の言い換えや、似た表現は?

「be careful not to ○○」は言い換えることができ、ここでは「take care not to ○○」と「try not to ○○」の2通りの言い換えを紹介し紹介します。

\次のページで「言い換え例:「take care not to ○○」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: