日本史歴史江戸時代

江戸幕府8代将軍「徳川吉宗」享保の改革を成し遂げた暴れん坊将軍について歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回は徳川吉宗を取り上げるぞ。

徳川家8代目の将軍で中興の祖だってな。具体的に何をしたのか教科書に載ってないことも知りたいよな。

そこのところを江戸時代が大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女。江戸時代に目がなく、色々なことに興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、徳川吉宗ついて5分でわかるようにまとめた。

1-1、吉宗は紀州藩主の4男

Tokugawa Yoshimune.jpg
By 狩野忠信 – The Japanese book “Exhibition of the Treasures and Papers of the Tokugawa Shogunal Household”, パブリック・ドメイン, Link

吉宗は、貞享元年(1684年)10月21日、徳川御三家の紀州藩2代藩主光貞の4男として和歌山城で誕生。きょうだいは兄が3人(次兄は夭折)、姉妹が4人。
吉宗の母は、於由利の方(浄円院)で、巨勢(こせ)六右衛門の娘、京都西陣の商家の娘、西国巡礼の女が連れていた娘とかいったように様々な説があり、身分が低い女性だったよう。で、彼女は殿様の湯殿の係でしたが、殿様の光貞が、ふざけて湯をかけてきたので、彼女はお返しにお湯をかけ返したことがきっかけで、光貞は側室にしたという話です。

なので、吉宗は藩主の息子とはいえ母の素性がいまいちで庶子で4男となるとあまり大事にされなかったよう。幼名は源六、家老の元で育てられ、次兄の次郎吉が夭折後、新之助と改名して江戸の紀州藩邸へ。幼い頃は、手に負えないやんちゃだったということ。

1-2、吉宗、5代将軍綱吉にお目見え

貞享2年(1688年)に長兄で跡取りの綱教が、将軍綱吉の一人娘で溺愛していた鶴姫と結婚したので、綱吉は何度も紀州藩邸に招かれたりしていましたが、元禄10年(1697年)、吉宗は14歳で5代将軍綱吉に御目見して、越前国丹生郡3万石を賜って葛野藩主に。またこのときに松平頼久から松平頼方と改名。

当初は、父光貞と共に綱吉に拝謁した兄たちに対し、吉宗は次の間に控えていたところを老中大久保忠朝が気を利かせて吉宗も将軍綱吉への拝謁が適ったそう。兄たちより一段下の扱いだったわけですね。尚、吉宗は葛野藩主になったとはいえ、実際は家臣を和歌山から送って統治させただけ。

1-3、吉宗、紀州藩主に

image by PIXTA / 46680827

元禄11年(1698年)に父光貞が長兄の綱教に藩主を譲って隠居。そして宝永2年(1705年)長兄の3代目藩主綱教が死去、3兄の頼職が跡を継いだが、父光貞に次いで、頼職も半年のうちに次々と病死。

吉宗は思いがけず22歳で紀州徳川家を継承して5代藩主となり、紀州藩主になったとき将軍綱吉から偏諱をもらって吉宗と改名

そして宝永3年(1706年)、伏見宮貞致親王の王女真宮理子女王(さなのみやまさこ)を簾中(れんちゅう、御三家の殿様の正室のこと)に迎えたが、宝永7年(1710年)死産の後に死別。その後は再婚せず側室のみ。

1-4、吉宗、藩政改革を実施

吉宗は、宝永7年(1710年)4月に藩主として初のお国入り、藩政改革に着手。
藩政機構を簡素化し、自らも木綿の服を着て率先して質素倹約を徹底、財政再建に取り組みました。

そして2人の兄と父の葬儀費用、幕府からの借金10万両を返済、家中への差上金の賦課、藩札の停止、藩内各地で甚大な被害を発生させていた災害(1707年宝永地震)の復旧費などで悪化していた藩財政の再建に手腕を発揮。また、和歌山城大手門前に訴訟箱を設置、一般庶民から直接訴願を募って、文武の奨励とか孝行への褒章などといった風紀面での改革にも努めたということ。

2-1、吉宗、8代将軍に

image by PIXTA / 48630688

享保元年(1716年)7代将軍家継が8歳で早世、徳川宗家の血筋が絶えた後、将軍を誰にするかという問題が起こりました。じつは宗家筋にはまだ家継の父家宣の弟の館林藩主の松平清武がいたのですが、すでに高齢で子供もいない、そして他家に養子に出たし本人もその気がないということで、将軍の選考からはずれています。

そして御三家筆頭の尾張家は4代藩主吉通が、正徳3年(1713年)に25歳で急死、幼い嫡男の五郎太が継いだが、わずか3歳で急死し、吉通の異母弟継友が6代藩主となったばかりで、近衛家の姫と婚約、しかも間部詮房や新井白石らに引き立てられていて有力候補でしたが、吉宗は、6代将軍家宣の正室である天英院や家継の生母月光院など大奥の支持と間部詮房と新井白石の反対勢力の幕臣らの指示を勝ち取って、32歳で8代将軍となりました

2-2、紀州藩は存続、支藩の分家が継ぐことに

吉宗は将軍就任にあたって、紀州藩を廃藩とせず存続させ、紀州藩の分家伊予西条藩で従兄の徳川宗直が6代目藩主に。

吉宗は、江戸城入りにあたり、紀州藩士のなかから加納久通、有馬氏倫ら大禄でない者を40名余り選んで側役として連れて来たということ。お気に入りの家来ではなくその日が当番だった者をそのまま連れて来たという、あっさりした措置が、江戸城に詰めていた譜代大名や旗本から好感を持たれたそう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica