英語の熟語

【英語】1分でわかる!「You might want [like] to …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「You might want[like] to…」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「~した方が良いかもしれない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC940点で、現役の翻訳者であるライターShiori を呼んだ。一緒に「You might want[like] to…」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

greenforest

ライター/greenforest

幼少期をインターナショナルスクールで過ごした経験を持つ。英語を得意とし、大学留学や海外勤務経験を通して身につけた現地でも使える「生きた英語」を紹介する。

熟語「You might want[like] to…」の意味は?

image by iStockphoto

相手に何かするように促す時に使うmust, have to, had better, should。この中でshouldが一番柔らかい言い回しですが、さらに柔らかい表現が「you might want[like] to…」です。義務や強制のニュアンスが無い表現なので、これひとつ覚えておくととても便利です。

意味その1 「~したほうが良いかもしれないね」

「~したほうが良いかもしれないね」「~したら?」と相手に言う時「might want[like] to…」を使うことができます。ニュアンスとしては、「決めるのはあなただけど、したほうが良いかもね。」といったあくまでも提案です。例文では「want」を使いますが、これを「like」に置き換えて使うことも可能ですよ。

You might want to try this.
これ試してみた方が良いかも。

You might not want to refuse before trying.
試す前に拒否しない方が良いかもね。

You might want to keep a little distance from your girlfriend.
彼女と少しだけ距離を置いてみたら良いかもね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「You might want[like] to…」には複数の使い方があるぞ。また、しばし略して「You might wanna…」と表現することもあるようだ。

熟語「You might want[like] to…」の言い換えや、似た表現は?

「It might be a good idea to…」と言い換えることができます。shouldの前にmaybe をつけて「maybe you should」と言っても柔らかい表現になりますよ。

次のページを読む
1 2
Share:
greenforest