英語の熟語

【英語】1分でわかる!「not to say …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「not to say …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…とは言わないまでも」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んです。一緒に「not to say …」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Lillygirl

中学時代、苦手だった英語を克服した現役英語講師。わかりやすい説明をモットーに、日々解説に励む。

熟語「not to say…」の意味は?

image by iStockphoto

今回考える熟語「not to say…」は「〜と言わないまでも」という意味です。

それぞれの主張や考えを強調するために用いることができます。
何かを批評したり、風刺する際にも用いられる表現です。もちろん、良いことをいう際にも用いられます。
具体的にどんな場面で使えるか考えてみましょう。

「…とは言わないまでも」と言ってみよう

「海外旅行とは言わないまでも、せめて国内で旅行に行きたい。」とか、「死ぬとは言わないまでも、すごく危険だよ」などの表現をするときに、「not to say…」を使ってみましょう。

 基本的には、「not to say…」は文章の後ろの方につきます。
〜だ、…とは言わないまでもという語順で文章を作ってみましょう。

それでは例文です。

I wanted to travel around the country, not to say going abroad. 
海外旅行とは言わないまでも、国内を旅行したかった。

It’s very dangerous, not to say to be dead.
死ぬとは言わないまでも、それはとても危険だよ。

I need enough money, not to say rich.
金持ちとは言わないまでも、十分なお金は必要だ。

She often go shopping, not to say everyday.
毎日とは言わないまでも、彼女はよく買い物に行く。

熟語「not to say…」の言い換えや、似た表現は?

「〜とは言わないまでも」というこの表現を別の表現で言い換えることができるでしょうか?

今回は「if not」という表現を考えます。
「not to say…」とは若干ニュアンスが異なるので、違いをキャッチしましょう。

\次のページで「言い換え例:if not を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: