この記事では英語の熟語「see A as B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「AをBと見なす」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んです。一緒に「see A as B」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

熟語「see A as B」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「see A as B」は「AをBと見なす」という意味です。「see」は「見る」ことを表しますが、視界に入ってきたから見るというニュアンスになります。「as」は「~として」という意味の前置詞です。そのほかに、「as」は接続詞として「~のとき」や「~なので」を意味することもあります。

意味「AをBと見なす」

「see A as B」は「AをBと見なす」という意味です。「as」は前置詞ですが、例外としてBの後には形容詞を入れることもできます。前置詞の後は名詞が続くのに、なぜ形容詞を入れても問題ないのかと疑問に思うかもしれません。

AとBの関係を確認してみましょう。AをBとして見るということなので、AとBはイコールの関係であることが分かります。「see A as B」はSVOCと同じ形で文章を作ることから、「as」の後に形容詞がくることもあるのです。ちなみに、文脈によっては「AをBと思っている」と訳した方が自然な場合もあります。

I see him as the best musisian.
私は彼を一番の音楽家だと見なしている。

My dog sees me as a leader.
私の犬は私のことをリーダーだと見なしている。

He sees me as smart.
彼は私のことを頭がいいと思っている。

熟語「see A as B」の言い換えや、似た表現は?

「see A as B」の言い換え表現として、「regard A as B」「view A as B」「look on A as B」「think of A as B」「consider A to be(as) B」があります。それぞれニュアンスが異なるので、違いを見てみましょう。

\次のページで「言い換え例:「regard A as B」を使った言い換え」を解説!/

言い換え例:「regard A as B」を使った言い換え

「regard A as B」を使うと、言い換えることができます。フォーマルな場面で使うことが多い表現です。「regard」には動詞の「~と見なす」のほかに、名詞で「敬具」という意味もあります。

I regard him as a buddy.
私は彼を仲間と思っている。

People regard me as smart.
人々は私のことを頭が良いと思っている。

言い換え例:「view A as B」「look on A as B」を使った言い換え

「view A as B」や「look on A as B」を使うと、言い換えることができます。「view」は「~を見る」という意味です。興味を持って見ているというニュアンスになります。また、「look」も「~を見る」という意味ですが、意識をして対象を見ているという印象です。

I view this as a bad news.
私はこれを悪いニュースだと思っている。

She looks on his behavier as a good sign,
彼女は彼の行動を良いサインだと思っている。

言い換え例:「think of A as B」「consider A to be(as) B」を使った言い換え

「think of A as B」や「consider A to be(as) B」を使うと、言い換えることができます。「think of A as B」や「consider A to be(as) B」の方が、より思考を巡らせているニュアンスです。

さらに「think of A as B」と「consider A to be(as) B」を比べてみましょう。「think」は「考える」という意味ですが、「consider」は「熟考する」という意味です。このことから、「consider A to be(as) B」は、「think of A as B」よりもさらに時間をかけて考えているという印象になります。

He says many bad words, but I think of him as a kind person.
彼は口が悪いが、優しい人なのではないかと考えている。

I consider this movie to be the best one I've ever seen.
この映画は今まで見た中で、一番の作品なのではないかと考えている。

\次のページで「熟語「see A as B」を使いこなそう」を解説!/

熟語「see A as B」を使いこなそう

この記事では熟語「see A as B」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。「see A as B」の言い換え表現はたくさんあるので、混乱をしてしまうかもしれません。しかし、基本的な熟語の構成は「動詞 A as B」です。まずは同じ構成をしている熟語を覚えてから、異なる構成の熟語を覚えていくと良いでしょう。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「see A as B」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「see A as B」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「see A as B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「AをBと見なす」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んです。一緒に「see A as B」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

熟語「see A as B」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「see A as B」は「AをBと見なす」という意味です。「see」は「見る」ことを表しますが、視界に入ってきたから見るというニュアンスになります。「as」は「~として」という意味の前置詞です。そのほかに、「as」は接続詞として「~のとき」や「~なので」を意味することもあります。

意味「AをBと見なす」

「see A as B」は「AをBと見なす」という意味です。「as」は前置詞ですが、例外としてBの後には形容詞を入れることもできます。前置詞の後は名詞が続くのに、なぜ形容詞を入れても問題ないのかと疑問に思うかもしれません。

AとBの関係を確認してみましょう。AをBとして見るということなので、AとBはイコールの関係であることが分かります。「see A as B」はSVOCと同じ形で文章を作ることから、「as」の後に形容詞がくることもあるのです。ちなみに、文脈によっては「AをBと思っている」と訳した方が自然な場合もあります。

I see him as the best musisian.
私は彼を一番の音楽家だと見なしている。

My dog sees me as a leader.
私の犬は私のことをリーダーだと見なしている。

He sees me as smart.
彼は私のことを頭がいいと思っている。

熟語「see A as B」の言い換えや、似た表現は?

「see A as B」の言い換え表現として、「regard A as B」「view A as B」「look on A as B」「think of A as B」「consider A to be(as) B」があります。それぞれニュアンスが異なるので、違いを見てみましょう。

\次のページで「言い換え例:「regard A as B」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: