理科環境と生物の反応生物

ホメオスタシス(恒常性)とは?維持するためのシステムも現役講師が簡単にわかりやすく解説!

きみは「ホメオスタシス(恒常性)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、人間をはじめとする生物が命をつないでいくうえで欠かすことのできない重要な概念です。今回は、一言で説明しようとすると意外と難しい、この「ホメオスタシス(恒常性)」について改めて考えていこう。

生物のからだに詳しい現役講師のオノヅカユウを招いたぞ。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

ホメオスタシス(恒常性)とは?

ホメオスタシス(homeostasis)、日本語でいうところの恒常性とは、生物の体内環境(内部環境)を一定に保とうとする性質のことです。英語での表記である「ホメオスタシス」は、古典ギリシャ語からつくられた造語で「homeo=同じ」+「stasis=状態」を組み合わせてつくられました。

「生物の体内環境(内部環境)を一定に保とうとする性質」というと難しく感じるような気がしますが、この性質は私たちが日常生活を送る上で当たり前に存在しています。どんな身体の変化にホメオスタシスをみることができるのか、例をいくつか挙げてみましょう。

・気温が高くなる→たくさん汗をかく→体温を下げようとする
・気温が低くなる→体が震える→体温を上げようとする
・食事をとる→血糖値が上がる→血糖値を下げるホルモンが出る
・病原菌が体内に侵入する→病原菌を倒すための白血球が集まってくる→病原菌撃退

これらはみな、生命機能を維持するために必要不可欠な体の変化です。少々回りくどい言い方ですが、「気温や湿度などの体外環境の変化や、病原菌などの体内への侵入が生じた時、体内が安定な状態を維持できるようにはたらくシステムがある」ことこそがホメオスタシスだといえるでしょう。

\次のページで「「ホメオスタシス(恒常性)」の考え方はいつからあるの?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: