英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be jealous of …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「be jealous of …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「〜をうらやんでいる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC880点で、現役の大学生であるライターTakaosushiを呼んだ。一緒に「be jealous of …」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Takaosushi

英語を勉強することが好きで英語科に通う大学3年生。英語を言語学としても勉強する筆者が詳しく解説していく。

熟語「be jealous of …」の意味は?

image by iStockphoto

「be jealous of …」には「〜を羨んでいる」「〜に嫉妬している」という意味があります。厳密に言うと「自分が持っているものを他の誰かにとられそうなときに抱く感情」というネガティブなニュアンスです。日本語でもよく「嫉妬」のことを「ジェラシー」と言いますよね。

ただ、日常会話においては、この後紹介する言い換え表現「envy」という単語と同じ意味としても使われたりしますのでそれぞれのニュアンスをしっかり覚えておきましょう。

意味その1 「〜に嫉妬する」

先程説明した通り「be jealous of …」が本来持つ意味は「〜に嫉妬する」「〜を妬む」というネガティブな意味です。相手が自分より成功することや才能を持っていることに対し、嫉妬しているという時に使われます。

それでは例文を見ていきましょう。

He is jealous of her talent.
彼は彼女の才能に嫉妬している。

She is jealous of his friends.
彼女は彼の友達に嫉妬している。

Don’t be jealous of someone’s success.
人の成功を妬むな。

意味その2 「〜をうらやんでいる」

また「be jealous of …」は日常会話で「〜をうらやんでいる」というポジティブな意味で使われる場合も多いです。「I’m jealous!」(うらやましい!)という表現は相づちでよく使われます。ただ、先程説明した「〜に嫉妬している」というニュアンスと間違えられないように、言い方やその前後に補足の文を入れた方がいいでしょう。

それでは例文を見ていきます。

I’m jealous of cats. They can sleep as much as they want to.
猫がうらやましい。好きなだけ寝ていられるから。

Everyone will be jealous of you. 
みんながあなたのことをうらやましがるだろう。

Did you stay at that hotel? I’m jealous of you! 
そのホテルに泊まったの?うらやましい!

\次のページで「熟語「be jealous of …」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: