英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be up to …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「be up to …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…にゆだねられている」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「be up to …」の意味や例文を見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

熟語「be up to …」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「be up to …」には、「…にゆだねられている」や「…をたくらんでいる」という意味があります。「up」には中心に向かってくる意味合いがあるので、そこからの意味の広がりに注目して見ていきましょう。

意味その1 「…にゆだねられている」

一つめは、「…にゆだねられている」という意味です。「up」は「中心に向って」という意味合いがあったので、「…を中心として」というニュアンスから「…にゆだねられている」「…しだいである」という意味につながります。固い表現ではなく、一般的な会話で使われる表現ですよ。

It’s up to you.
それはあなたにゆだねられている。

That is up to the weather.
それは天気しだいだ。

It is up to the minister to accept our request.
私たちの要望が受け入れられるかはその大臣しだいだ。

意味その2 「…をたくらんでいる」

二つめの意味は、「…をたくらんでいる」です。同じく「up」が「中心に向って」なので、「(誰かが)…を中心に持ってくる」という意味合いから「…をたくらんでいる」につながります。それほど頻繁に出てくる表現ではありませんが、大学受験を目指すなら知っておきたい意味です。

He is up to mischief.
彼はいたずらをたくらんでいる。

Children are up to no good.
子供たちがよからぬことをたくらんでいる。

I think they are up to something bad.
私は彼らは何か悪いことをたくらんでいると思う。

\次のページで「熟語「be up to …」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: