英語の熟語

【英語】1分でわかる!「A, not B」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「A, not B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「BではなくA」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導豊富なライター要を呼んだ。一緒に「A, not B」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。
日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

熟語「A, not B」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「A, not B」は基本的に、「BではなくA」という意味になります。「Aですよ」ということを強調する表現になっているのです。また、AとBには、名詞や節、句など同じ形であれば入れることができます。

意味その1 「BではなくA」

熟語「A, not B」の基本となる意味は、「BではなくA」です。こちらの意味が適用される場合には、AとBに名詞が使用されるケースが多くあります。notは後にくる内容を否定する働きがあるため、「Bではありません」という意味です。notが前にある内容を否定することはありません。

また、英語では主張したい内容を先に述べるという性質があります。熟語「A, not B」は肯定されるAが先に述べられているので、「Aですよ」という内容を主張したいということがわかりますね。

My birthday is in September, not in October.
私の誕生日は10月ではなく、9月です。

She is my mother, not my old sister.
彼女は私の姉ではありません。母です。

He is Satoshi, not Shin.
彼はシンではなく、サトシだ。

意味その2 「Bということではなく、Aということだ」

「BではなくA」と似ていますが、AとBに節や句を入れることで「Bということではなく、Aということだ」と訳す場合もあります。Bという内容と否定し、Aを肯定するという意味は同じですね。notは名詞だけでなく、節や句を否定することができるので、覚えておきましょう。

She like him because he is sincere, not because he is handsam.
彼女は、イケメンだからではなく、誠実だから彼が好きなのだ。

In sports, it’s important how you play, not how you win.
スポーツにおいて重要なことは、どのように勝つかではなく、どのようにプレーをするかである。

It’ that I have no time to read, not that I hate reading.
私は読書が嫌いなのではなく、時間がないのだ。

\次のページで「熟語「A, not B」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: