この記事では英語の熟語「attribute A to B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「AをBのせいだとする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC880点で、現役の大学生であるライターTakaosushiを呼んです。一緒に「attribute A to B」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Takaosushi

英語を勉強することが好きで英語科に通う大学3年生。言語学としても英語を勉強する筆者が詳しく解説していく。

熟語「attribute A to B」の意味は?

image by iStockphoto

「attribute A to B」には「AをBのせいだとする」という意味と「AをBのおかげとする」という意味のネガティブ、ポジティブ両方の意味があります。主語は人間であることがほとんどで、主語の個人的な主観や主張を述べる際に使われる表現です。A, B共に名詞がきます。

意味その1 「AをBのせいだとする」

「attribute A to B」がネガティブな意味で使われる場合は「AをBのせいだとする」「Aの原因をBに帰する」と訳されることが多いです。

それでは例文を見ていきましょう。

He attributed the divorce to conflicts.
彼は離婚の原因は喧嘩であるとした。

The professor attributed a recession to unemployment.
教授は不景気を失業のせいだとした。

The doctor attributed her death to cancer.
医者は彼女の死はガンに起因するものであると考えた。

意味その2 「AをBのおかげとする」

「attribute A to B」がポジティブな意味で使われる場合は「AをBのおかげとする」と訳されることが多いです。功績成功について述べる際に使われます。

それでは例文を見ていきましょう。

I attribute my success in business to my efforts.
私の仕事における成功は努力のおかげであると思う。

She attributed her marriage to the support from her family.
彼女は結婚することができたのは家族の支えのおかげであるとした。

He attributes his weight loss to exercise.
彼は痩せたのは運動のおかげであると考える。

\次のページで「熟語「attribute A to B」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

熟語「attribute A to B」の言い換えや、似た表現は?

次に「attribute A to B」の言い換え表現を紹介していきます。

言い換え例:「ascribe A to B」を使った言い換え

「ascribe A to B」を使うと、言い換えることができます。「attribute A to B」に比べるとフォーマルな表現ですが、「attribute A to B」同様ポジティブ、ネガティブ両方の意味で使うことができる表現です。

それでは例文を見ていきましょう。

She ascribed her failure to a lack of luck.
彼女は失敗は運が足りなかったためとした。

I ascribed the poor result to a lack of preparation.
私は十分な結果が得られなかったのは準備不足が原因であるとした。

He ascribed conflicts to her stubbornness.
彼は喧嘩の原因は彼女の頑固さにあるとした。

言い換え例:「blame A on B」を使った言い換え

「blame A on B」を使うと、言い換えることができますが、「blame」には「〜を非難する、とがめる」という意味があるため、ネガティブな意味で使われます。

それでは例文を見ていきましょう。

She blamed the failure on herself.
彼女は失敗の原因は彼女自身にあるとした。

Don't blame things on circumstances.
物事を環境のせいにするな。

He blamed the accident on my carelessness.
彼は事故を私の注意不足のせいにした。

\次のページで「熟語「attribute A to B」を使いこなそう」を解説!/

熟語「attribute A to B」を使いこなそう

この記事では熟語「attribute A to B」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。ネガティブ、ポジティブ両方の意味で使われる表現ですので、様々なシチュエーションで使ってみましょう!

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「attribute A to B」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「attribute A to B」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「attribute A to B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「AをBのせいだとする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC880点で、現役の大学生であるライターTakaosushiを呼んです。一緒に「attribute A to B」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Takaosushi

英語を勉強することが好きで英語科に通う大学3年生。言語学としても英語を勉強する筆者が詳しく解説していく。

熟語「attribute A to B」の意味は?

image by iStockphoto

「attribute A to B」には「AをBのせいだとする」という意味と「AをBのおかげとする」という意味のネガティブ、ポジティブ両方の意味があります。主語は人間であることがほとんどで、主語の個人的な主観や主張を述べる際に使われる表現です。A, B共に名詞がきます。

意味その1 「AをBのせいだとする」

「attribute A to B」がネガティブな意味で使われる場合は「AをBのせいだとする」「Aの原因をBに帰する」と訳されることが多いです。

それでは例文を見ていきましょう。

He attributed the divorce to conflicts.
彼は離婚の原因は喧嘩であるとした。

The professor attributed a recession to unemployment.
教授は不景気を失業のせいだとした。

The doctor attributed her death to cancer.
医者は彼女の死はガンに起因するものであると考えた。

意味その2 「AをBのおかげとする」

「attribute A to B」がポジティブな意味で使われる場合は「AをBのおかげとする」と訳されることが多いです。功績成功について述べる際に使われます。

それでは例文を見ていきましょう。

I attribute my success in business to my efforts.
私の仕事における成功は努力のおかげであると思う。

She attributed her marriage to the support from her family.
彼女は結婚することができたのは家族の支えのおかげであるとした。

He attributes his weight loss to exercise.
彼は痩せたのは運動のおかげであると考える。

\次のページで「熟語「attribute A to B」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: