英語の勉強法

【英語】現役塾講師が「物質名詞」を解説!物質名詞の数え方に注目しよう

よぉ、桜木建二だ。名詞は5つに分類できるが、その一つである「物質名詞」は形のはっきりしないもののことを言う。「物質名詞」とは何かを正しく理解するには、どのような仲間に分類できるのか、具体的にはどのような単語があるのかを知っておくことが必要だ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「物質名詞」とは?

image by iStockphoto

「物質名詞」とは名詞の分類のうちの一つで、ほかには「普通名詞」「集合名詞」「抽象名詞」「固有名詞」があります。「物質名詞」は「集合名詞」や「抽象名詞」とともに、数えられない名詞とされていますよ。

「物質名詞」とはどのようなものか

「物質名詞」とは、形がはっきりしていないもののことです。その中に、液体や気体、粉状のもののほか、金属や材料などがあります。具体的にどのような単語があるのかを確認しておきましょう。

液体や気体、粉体:water(水)milk(牛乳)、air(空気)、suger(砂糖)など

金属や材料   :gold(金)、iron(鉄)、wood(木材)など

その他     :bread(パン)、stone(石)、paper(紙)など

「物質名詞」と「普通名詞」との違い

概念上のものである「抽象名詞」とは違い、「物質名詞」は目に見えるなんらかの物質や物体のことです。そういう意味では、目に見えるものとして「普通名詞」に近いと言えますが、その違いは「数えられる名詞」か「数えられない名詞」で決まります。「普通名詞」は一つ二つと数えられる名詞で、「物質名詞」は数えられない名詞でしたね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまでは、「物質名詞」とは何かについて見てきた。ほかに「物質名詞」にはどのような単語があるのか、すべてを覚えるのは難しいので、液体や気体などに分類しながら具体的な単語を見ていくと頭に残りやすいぞ。

「物質名詞」の数え方

image by iStockphoto

「物質名詞」は「数えられない名詞」ということでしたが、数える方法はあります。物質名詞の「water」や「suger」などは、一つ二つとは数えられないものの何らか数えられないことには料理もできませんよね。その数え方について見てきましょう。

形や単位を与えて数える

「物質名詞」はリンゴのように一つ二つと数えることはできませんが、形を決めたり単位を与えることで数えることができます。液体であったり、粉状であったり、物質それぞれによって形状が違うので、決める形や単位もそれぞれになりますよ。

液  体:「a glass of milk(1杯の牛乳)」→冷たい飲み物はグラスに

     「a bottle of milk(1本の牛乳)」→同じ牛乳でも瓶に入れることも

     「a cup of tea(1杯の紅茶)」→温かい飲み物はカップに

     「three litters of water(1リットルの水)」→単位をつけて

粉  体:「a spoonful of suger(1さじの砂糖)」→スプーンですくう

薄いもの:「two sheets of paper(2枚の紙)」→複数だと「sheet」を複数に

     「a slice of bread(1枚のパン)」→薄く切ったもの

材  料:「a pound of butter(1ポンドのバター)」→単位をつけて

「物質名詞」を「普通名詞」として数える

「物質名詞」のうち「普通名詞」をあわせもつものがあります。この場合、物質全般を意味する「物質名詞」とは違い、具体的なものを表す「普通名詞」は別の意味です。

例えば、「paper(紙)→ a paper(新聞、論文)」、「work(仕事)→ a work(作品)」、「glass(ガラス)→ a glass(コップ)」、「iron(鉄)→ an iron(アイロン)」「fire(火)→ a fire(火事)」などがあります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

後半は、数えられない名詞である「物質名詞」を形や単位を与えて数える方法を解説してきた。それぞれの「物質名詞」を日常でどう取り扱っているのかを考えてみると、「物質名詞」の数え方につながっていくぞ。

「物質名詞」は数えられない名詞でありながら、数えることができる名詞

これまで、「物質名詞の基本」や「物質名詞の数え方」について、解説してきました。「物質名詞」は目に見える物質に違いはありませんが、さまざまな形状をしているので一つ二つと数えることができないものです。

しかし、「物質名詞」は目に見える物質である以上、数えられる方が便利ですよね。そのため、容器などによって形を決めたり、単位をつけることで数えると量を知ることができるようになっています。

Share:
yamato810