化学

アルカン、アルケン、アルキンのポイントは共有結合!元家庭教師が違いを5分で解説!

三重結合を含んだアルキン

三重結合を含んだアルキン

image by Study-Z編集部

そして最後はアルキンです。アルキンは三重結合を1つ含み、その式はCnH2n-2で示されます。アルカンの時は水素と結合していた炭素同士が三重結合を形成するのでより水素の数が減っているのですね。

もちろん、アルキンにも炭素が1つしかないものはありません。三重結合を炭素と水素の間で作ることはできませんからね。

ID: ↑パーツ内本文:153文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

アルカン、アルケン、アルキンの構造の違いは理解できたか?一見バラバラに見えるがこの3つの名前にはある法則がある。法則とアルカンの名前を覚えればアルケンとアルキンの名前はすぐに覚えられるぞ。

ID: ↑パーツ内本文:94文字

アルカン、アルケン、アルキンを比べてみよう

アルカン、アルケン、アルキンを比べてみよう

image by Study-Z編集部

炭素が2つの炭化水素を例にアルカン、アルケン、アルキンの違いを確認していきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:42文字

C2H6 エタン

C2H4 エテン(通称エチレン)

C2H2 エチン(通称アセチレン)

ID: ↑パーツ内本文:45文字

炭素が2つのエテン、エチンと言う名前よりもエチレン、アセチレンと言う呼び方の方が一般的です。

アルカンは炭素1つがメタンで、炭素が1つ増えるごとにエタン、プロパン、ブタンと呼ばれています。一方、アルケンはエテンから始まりプロペン、ブテンとなるのです。さらにアルキンはエチンから始まりプロピン、ブチンとなります。

もうわかりましたね。アルカン、アルケン、アルキンは炭素の数で名前が似ています。アルカンなら~ane、アルケンなら~ene、アルキンなら~yneと語尾が変化しているのです。

ちなみに炭素が4つのブタンの後にはペンタン、ヘキサン、へプタン…とまだまだ続きます。気になる人は調べてみると面白いかもしれません。

 

アセチレンに水素を付加するとエチレン、エチレンに水素を付加するとエタンとなります。単結合のみでできたエタンは水素が他の原子と置き換わる置換反応が起きやすいです。

一方、二重結合と三重結合は結合が切れやすくそこに他の原子が付加される付加反応が起こりやすくなっています。例えばアセチレンは塩酸を付加して塩化ビニル、酢酸を付加して酢酸ビニルを合成することができるのです。さらにアセチレン3つで1つのベンゼンを作ることもできます。

ID: ↑パーツ内本文:539文字

アルカン、アルケン、アルキンの違いは含まれる結合のしかた

アルカン、アルケン、アルキンの違いは共有結合にあります。単結合のみ、二重結合を1つ含む、三重結合を1つ含むということが分かればまずはOKです。

そしてアルカン、アルケン、アルキンは炭素の数で名前が似ているという事も特徴。それぞれの名前の語尾のみが変化していくからです。まずはアルカンからしっかり覚えていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:158文字
1 2
Share:
たかはし ふみか