アメリカの歴史世界史歴史独立後

「失われた世代(ロストジェネレーション)」とは?1920年代のアメリカ作家の動向と心理を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。1920年代のアメリカの歴史を見ていくと「失われた世代」という言葉によく遭遇する。

「失われた世代」とは、第一次世界大戦を目の当たりにて、これまでの常識に疑問を持つようになった若手の作家のことを指す。ただ、すべての作家が該当するわけではなく、いくつかの共通した特徴があるとのことだ。

それじゃ、「失われた世代」とは何か、歴史と絡めながら世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。アメリカの歴史を見ていくとき「失われた世代」を避けて通ることはできない。「失われた世代」はアメリカ文学史でよく使われるが、歴史と人間のかかわりを考えさせてくれる。そこで「失われた世代」の特徴を歴史と絡めながら解説していく。

「失われた世代」という言葉はパリで生まれた

image by PIXTA / 27468488

「失われた世代」は、英語にするとLost Generation。おもに1920年代から1930年代にかけて活躍したアメリカの作家で、共通する特徴を持っている一群をさします。アメリカ文学史でよく使われる言葉ですが、この言葉が生まれたのは1920年代のパリでした。

アメリカの作家ガートルード・スタインの言葉がはじまり

一般的に「失われた世代」という言葉をはじめてつかったのは、アメリカの作家ガートルード・スタインという女性であったと言われています。スタインは、作家であると同時に熱狂的な美術収集家。パリでサロンをひらき、若手のアメリカ人芸術家をサポートしていました。

自身の自伝で自己申告していることから、ほんとうにスタインが初めて言ったかどうかは定かではありません。「失われた世代」という言葉は、のちのノーベル賞作家となるヘミングウェイとの会話から生まれました。そこから、実際はヘミングウェイが最初に発したとする見方もあります。

パリに集まるアメリカ人の若手作家・芸術家を揶揄

「失われた世代」という言葉は、パリにやってきたアメリカ人の作家・芸術家の傾向を表現したもの。彼らは「パリのアメリカ人」と言われ、当時のパリの社交界でも注目される存在でした。

「パリのアメリカ人」は、芸術談義に花を咲かせると共に、お酒、ダンス、女性との享楽を楽しむ堕落した生活を送っていました。そのような若者を見て、スタインは「あなたたちは失われた世代ね」という趣旨のことを言ったとされています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「失われた世代」とはなかなかキャッチーな表現だ。日本の就職氷河期世代のことを「失われた世代」ということもある。社会的な混乱があり、何かが抜け落ちてしまった、そんな世代のことをあらわしているのだろう。

「失われた世代」の特徴(1):第一次世界大戦に遭遇

1914-06-29 - Aftermath of attacks against Serbs in Sarajevo.png
By 不明 – Historijski Arhiv Sarajevo. Found in a .pdf edition of “Sarajevo, biografija grada” (“Sarajevo, A Biography”) by Robert J. Donia., パブリック・ドメイン, Link

「失われた世代」の特徴を語るうえで欠かせないのが第一次世界大戦。これまでも戦争そのものはありました。しかし、世界各国がかかわり、最新の技術が投入された大戦は、多感な時期にあったこの世代の若者にとって大きなショックを与えることになります。

価値観をガラッと変えた第一次世界大戦

映画が発達していたことから、ニュース映画を通じて戦地の様子をほぼリアルタイムで目撃することができました。現在と異なり死者の姿も遠慮なく映し出されていた時代。進歩のためだけに突き進むことに疑問が感じられるようになります。

「失われた世代」に属する作家たちは「アメリカン・ドリーム」と称される、個人や国家の成長に対する考え方が本当に正しいのかを考えるようになりました。新しい価値観を見つけるために、実験的な小説や絵画に取り組む人たちもでてきます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke