ドラゴン桜式勉強法特集

ドラゴン桜式「暗記テクニック」はこれ!効率的に暗記する方法-ドラゴン桜式勉強法

よぉ、桜木建二だ。みんな暗記は得意か?

受験において暗記するべきものというのは膨大で、だからこそ大変だ。社会や理科など、暗記しなければならない物が多い科目というのはやろうとするだけで気が滅入るよな。でもそんな暗記を効率化させる魔法のテクニックがある。

今回は「ドラゴン桜式暗記法」を現役東大生にしてStudy-Z編集長の西岡と紹介していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

西岡壱誠

ライター/西岡壱誠

現役東大生、作家、Study-Z編集長。ドラゴン桜のコンテンツ監修も行っており、ドラゴン桜の受験理論を深く知る一人。

まずは「ドラゴン桜式・暗記法」をチェック!

ドラゴン桜の中で「多くの知識を覚えられるノートテクニック」を紹介している話があります。まずはこの漫画を読んでみてください。

ドラゴン桜式「暗記法」の要点はこれだ!

いかがでしたか?「関連付け」と「強調」を使うことで、多くの事柄を暗記できる。これを意識してノートを作ることができれば膨大な量を暗記できるので、この2つを大切なこととして認識しておこう、というような説明がされていましたね。

「関連付け」……1つ1つを単発で覚えるのではなく、流れやストーリーを理解したり、関連性を理解することで覚えやすくするテクニック

「強調」……重要だと思われるところに絵を描いたり図を描いたりすることで、視覚的にも覚えやすくするテクニック

この2つのテクニックは、東大生の中でも非常に意識する人が多いです。どうしてそんなに重要なのかをお話しする前に、みなさんには人間の記憶のプロセスについてお話ししなければなりません。実は、この「関連付け」と「強調」というのは、私たちが知らず知らずのうちに使っているテクニックだったりします。意識していなくても、実は毎日私たちはこの方法で暗記しているのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

賢いやつの話を聞いてると「あれが~~だから〇〇だ」というように周辺情報から手繰り寄せて思い出してるようなことが多いな。つまりこの「関連付け」と「強調」を自然とやってのけてるんじゃないか?

関連付けと強調は、普段からよくやっている!?

例えば、みなさんが人の顔を覚えるとき、どのように覚えているか知っていますか?一人一人の顔を、個別で「〇〇くんの顔」「△△さんの顔」……という風には覚えているのではないかと思う人も多いと思うのですが、実は違います。一人一人の顔なんて、人間の脳は覚えていないのです。

人間の顔の覚え方の仕組み

実は、人間の脳の中にはあらかじめ、「男性の顔」というイメージが作られています。そしてそれを元に、「〇〇くんは鼻の形が少し特徴的で、こういう顔」と、個別の特徴のみを覚えておき、大元のイメージと個別の特徴とを掛け合わせていくことで、個別の顔を覚えているのだそうです。

「なんでそんなことを?」と思う人もいるかもしれませんが、よく考えればこのやり方が非常に合理的であるとわかります。例えば、個別で1000人以上の顔を覚えようとしてもすごく大変ですよね?非常に煩雑で大変な作業になってしまいます。

しかしそこで、大元になる「男性の顔」のイメージを覚えておき、個別の特徴という少ない暗記だけをしておけば、暗記量が少ないままに対応できるようになります。何人増えたとしても、特徴さえ押さえれば問題ない。そう考えると、とても合理的だとわかりますよね?

『大元のイメージ』と『個別の特徴』

さて、この人間のプロセスで重要なのは、人間は『大元のイメージ』と『個別の特徴』を覚えることでたくさんの記憶をすることが可能になるということです。

一つ一つ独立した知識を覚えるのではなく、『大元のイメージ』をしっかり覚え、それに『個別の特徴』を紐付けることでいろんな知識を覚えていく。これこそが、「関連付け」と「強調」なのです。このやり方を本気で実践しようと思うと、関連付けようと思った時に関連性が多くなる情報がいくつか出現してきます。他と繋げやすい情報というのはいろんな分野において存在しているもので、それこそが先ほど行った「男性の顔」みたいな大元のイメージに該当する場合が多いです。そしてそれを見つけて、そのイメージを強調することで、多くの暗記を助ける情報を暗記することができるのです。

「関連付け」と「強調」というのは、実は人間の脳が物を覚えるのに最も適したやり方だと言う事ができるのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

普段なんとなく認識していることだが、実はこんなプロセスを経て覚えていたんだな。これを勉強に活かさないわけにはいかないな!

ここで実践問題!

さて、「関連付け」と「強調」について知っていただいたところで、このプロセスを実践してみましょう。

「思う」と「想う」の熟語を覚えよう

例えばみなさんは、「思」という漢字を使った熟語をみなさんはいくつ思い付きますか?

「思案」「思想」「思考」「意思」「思惑」「思索」「思念」「思慮」「思惑」……

と、たくさんの「思」がありますね。

また、みなさんは、「想」という漢字を使った熟語をみなさんはいくつ思い付きますか?

「理想」「感想」「空想」「想像」「想起」「奇想」「妄想」「構想」「発想」……

と、こちらもたくさんの「想」がありますね。

さてさて、ここで問題です。

「思う」と「想う」、「思」と「想」という漢字は、どのような違いがあると思いますか?

「思う」と「想う」の違いが理解できる

この答えは、先ほどの熟語を見ていればなんとなくわかります。

まず、頭で考えたことや、心で感じることを表すのが「思う」です。

対して、「想」は、頭で考えたことではなくて、心でその姿を捉えることをいいます。対象をイメージすることを言うので、多くの場合、感情を込めた表現になります。

自分の頭の中で考えていることを示す「思う」と、心でその姿を捉える「想う」。それとさまざまな漢字が結びつくことによって、いろんな熟語が作られているのです。例えば、「思考」というのは頭で考えるから「思」であり、「想像」というのは頭でイメージを持つから「想」となるというわけです。

英語で言うと、「think」というのが「思う」で、「believe」や「imagine」というのが「想う」だと言われています。こう説明した方がピンとくる人もいるかもしれませんね。

この「思う」と「想う」の違いを理解した上で、先ほどの漢字を見ると、その意味がより深く理解できるようになっていて、忘れにくくなっているのではありませんか?「思う」「想う」というイメージが強調されて、どう関連づけて「思」「想」を使った熟語が現れているのか、理解がより深まって覚えやすくなっているはずです。

ノートはきれいにとらない!関連付けと強調でオリジナルの暗記ノートを作ろう!

本日は大量の暗記テクニックについて説明しました。どうです、ちょっと気持ちが軽くなりませんでしたか?

改めてまとめますと、暗記のテクニックは

・『大元のイメージ』にあたる部分を強調すること

・『物事の繋がり』を意識して、特徴を理解しようと努めること

・この2つを意識してノートを取ること

この3つです。この3つを理解してノートを取ったりメモを書いたりすれば、暗記がグッとやりやすくなるはずです。みなさんも、このポイントに気を付けてノートを取ったり暗記するときに気を付けてみれば、きっといい結果が得られるはずです!頑張ってみてください!

Share:
西岡壱誠