ドラゴン桜式勉強法特集

志望校はどう選べばいい?-ドラゴン桜式志望校の決め方を伝授

よぉ、桜木建二だ。みんな志望校は決まったか?

高校1年生の人の中にはそろそろ文系理系を選択しなければならないという人も多いだろう。かたや高校2年生のみんなはそろそろ志望校をしっかり決めろと先生に言われているところなんじゃないか?だが自分の将来を決めかねない大切な志望校なんて、実際どうやって決めればいいのかわからないよな。

今回は「ドラゴン桜式志望校の決め方」を、現役東大生にしてStudy-Z編集長の西岡と紹介していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

西岡壱誠

ライター/西岡壱誠

現役東大生、作家、Study-Z編集長。ドラゴン桜のコンテンツ監修も行っており、ドラゴン桜の受験理論を深く知る一人。

まずは「ドラゴン桜式・両立法」をチェック!

まずは下記の漫画をご覧ください。

桜木先生曰く、「東大が一番難しいと考えるのは間違っている」とのことですが……?

大事なのは「垂直思考」ではなく「水平思考」

いかがでしょうか?東大は、偏差値上では一番上だと換算されているから一番難しいと判断されていますが、1次試験の足切りは低い学部もありますし、科目が多い分点数としてはそこまで多く取る必要がないこともあります。

また、科目によっては東大よりも難しい大学なんていっぱいあります。数学だけで言えば東工大や一橋大学の問題の方が難しいですし、英語で言えば東京外国語大学や京都大学の問題の方が難しいとも言われています。

というか、単純な比較は不可能な場合が多いです。人によってはAの大学の方が簡単で、人によってはBの大学の方が楽に解ける。偏差値という一つの指標だけで大学の難しさを判断するのは難しいのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

どうだ、東大が実は何においても1番じゃないことは、ちょっと意外な話だったんじゃないか?こうした先入観を取っ払った上で、じゃぁどういう風に志望校を選ぶか見ていくぞ。

志望校の選び方のポイント

さて偏差値で各大学を見ないとなると、どういう視点で志望校を選べばよいのでしょうか?次に偏差値以外の大学の見ておくべきポイントをご紹介します。

1.大学は「熱い受験」ができるところを選ぼう!

偏差値を見て自分がいけそうかどうかで判断するのではなく、行きたい大学を目指しましょう。人生は冒険で、受験も挑戦です。背伸びをした目標の方が、熱い受験ができるし、自分も成長できます。そうやって自分の実力よりも上の大学を目指して勉強していれば、その高い目標を達成できたり、惜しくもダメでもそこより下の偏差値の大学は全部合格するという可能性もあるのです。

だからこそおすすめなのは、高校1年生の人は東大を目指して勉強しておくということです。一番高い目標を持って勉強することがいいと思います。東大目指しときましょう。

もちろん、現実的に難しいこともあるでしょうし、桜木先生の言う通り垂直出来には考えられないからこそ他の大学の対策が難しくなってしまう可能性もありますが、ほとんどの大学というのは東大の入試問題の影響を受けていたりします。東大の対策をしておけば、ほぼほとんどの合格に合格できるぐらいの実力がつくといっても過言ではないでしょう。とりあえずでいいから、東大に行くと言ってみる。これってすごく大事なことです。

2.大学は「教授」で選ぼう!

高校2年生や高校3年生に上がってきて、「東大は流石に……」と言う人におすすめなのは、いい教授のいる大学を探すという方法です。自分が行きたい学部の学問についての本を読んだり、自分の興味のある分野の論文を調べたりして、「この先生のもとで勉強したい!」という教授を探してみてください。

ぶっちゃけた話、「この大学に行きたい!」って決めるのは難しいです。なぜなら、大学というものについて、想像が及ばないから。だってみなさん、「その大学で学んでいる自分」を想像できますか?それって結構難しいですよね?

それはもう、仕方がないことです。「この大学に行ったら幸せになれるのか?」なんてわかんないものです。

でも、「この教授の授業を受けたら楽しそうだな」というのは、具体的で想像しやすいと思います。授業くらいであれば、きっと本や論文を読めば想像できます

だから、大学は教授で選ぶという方法はおススメです。ぜひ調べてみましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

行きたいところに行く、面白そうな教授がいるところに行く、案外簡単な動機で良いと思わないか?大学のネームバリューももちろん気になるところだが、教授については有名な先生が意外な大学にいたりするぞ。

文系と理系はどう選べばいい?

次にお話ししなければならないのは、文系と理系ってどう選べばいいのかという話です。行きたい大学とかやりたいこととか、そういうものを考えようと思った時に、大切になってくる文系理系の選択。これはどのように判断すればいいのでしょうか?

正解はない!ただし長期的に考えるのが吉

これに関しては、どう選べばいい、という正解はありません。志望校に関してもそうですが、あなたの人生ですから、あなたが選びたいように選べばいいと思います。

その上で、これだけはオススメしないというのは「数学が苦手だから理系はやめよう」という考え方です。これで文系を選ぶと結構後悔する人が多いです。「数学が嫌だから」というのはすごく短期的な理由でしかありません。将来のことを考えるのに、そんな消去法で進路を選んで成功するわけがない……ってことですね。

もっと長期的に考えましょう。例えば、理系の職業と、文系の職業を思い浮かべてみましょう。その上で、「あ、俺理系の職業でなりたいもの少ないな」「私、文系の職業の方がなりたいものが多いな」という思考をするのはおススメです。その方が勉強のモチベーションも上がるというものですよ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

この科目が苦手だからこっち、というのはありがちな考え方だが、意外と興味のある職業が反対の進路だった…なんてこともありがちだ。そういう可能性も考慮して文理選択をするんだ!

志望校と自分の実力が遠い場合

そうやって自分の志望校や文系理系の選択を決めたとしても、現実問題、自分の今の学力と、志望校の距離が遠い……ということはあると思います。そういう時はああっぱり諦めた方がいいのでしょうか?それとも、さっぱり諦めた方がいいのか?諦めるのはいつのタイミングがいいのでしょうか?

高校3年生の8月31日までに判断する

これは時期によります。高校2年生より前の学年の人が言っているんだとしたら、僕は「まだ諦めるのは早すぎると思う」と言います。

その上で、確かに現実的に、流石にもう諦めたほうがいい時期というのもあるかもしれません。それを判断するのは、【高校3年生の8月31日】かと思います。9月になったら、2次試験の過去問を解いて行かないといけません。だから、8月までの模試の結果を受けて、8月31日に決めましょう。

ただできるだけ志望校は変えるな!

個人的には、最初に狙っていた志望校は極力変えないほうがいいと思います。結構よくあるパターンとして、「学力が直前になってガッと伸びる」ということがあります。勉強して、次の日に結果に出るということはなくて、勉強したことが定着してきた1〜2ヶ月後に徐々に結果になって現れてくるということはあるのです。

オススメなのは、第二志望を確実に受かるようにしておくことです。一番避けるべきなのは、第一志望に固執し過ぎて、どこにも受からなくなることです。背水の陣で挑むのも悪いことではありませんが、しかし保険も何もない状態で挑むのはかなり辛いものがあります。きちんと、第二志望を受かるようにした上で、第一志望を捨てきらないでおく。これが一番いいと思います。第一志望を諦めて、勉強のやる気も何も無くなってしまうというのはよくあるパターンで、そういう場合は大抵どこにも受かりません。そうならないように、第二志望をきちんと落とせる状態にしたまま、第一志望にこだわり続けましょう。

僕も現役の時、東大しか見えていませんでした。でも2浪して、「今年こそは、第二志望も合格しよう」と考えて、早稲田大学に合格することができ、「落ちたら早稲田大学に行こう」と考えながら東大を受験しました。そして、その安心感もあって、ちゃんと東大に合格できたのです。みなさんもぜひ、第二志望をきちんと落とせる状態になって、第一志望の試験に臨んでもらえればと思います。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

保険は絶対あった方が良いな。家庭の事情によっていくつも受けられないことはあるだろうが、留年のリスクに比べたらいくつか受けておいた方が精神衛生上良いぞ。

行けるかどうかではなく、行きたい大学へ

本日は志望校決め方ついて説明しました。偏差値以外の物差しを使って、志望校を選ぶことができそうでしょうか?

最後に一つだけお話ししておきたいのですが、結局人間、どんな道を選んでも後悔します。後悔しない道を選べとか言いますけど、どうせいつか後悔して、どうせどこかで「こっちの方が良かった」と思います。そんなもんですし、だからこそ選ぶのはもう、決めの問題です。どうせ後悔するんだから、思った通りに選んでもらえればと思います。

Share:
西岡壱誠