世界史中国史歴史

名君なのか暗君なのか?唐の「玄宗」を歴史オタクが5分でわかりやすく解説!その事績をまとめてみる

よぉ、桜木建二だ。世界帝国である唐の最盛期に君臨して善政を敷き改革を進めたたものの、晩年に一気に国力を衰退させた皇帝が玄宗皇帝だ。玄宗皇帝は立派な君主であったはずが、なぜ国を傾けさせてしまったのか。

唐の皇帝となる今回は唐の玄宗の事績について、歴史オタクなライターkeiと一緒に見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/kei

10歳で歴史の面白さに目覚めて以来、高校は文系、大学受験では歴史を選択し、大人になっても暇があれば歴史ネタを調べ歴史ゲームにのめり込む軽度の歴史オタク。洋の東西問わず、中でも中国史と日本史が好き。今回は世界帝国・唐の最盛期を現出させた玄宗皇帝をわかりやすくまとめた。

玄宗皇帝とは

Tang XianZong.jpg
By User Zhuwq on zh.wikipedia不明, パブリック・ドメイン, Link

玄宗は、古代中国における世界帝国・(西暦618年~907年)の第9代皇帝です。名前は李隆基。唐の最盛期を現出した皇帝と言われています。その生涯はどのようなものだったのでしょうか。

唐の宗室として生まれる

李隆基は西暦685年、唐の第8代皇帝・睿宗の三男として生まれました。当時、父・睿宗は皇帝であったに関わらず、政治の実権はその母で先代皇帝高宗の后でもある女傑・則天武后に握られていました。李隆基は外戚により李氏の唐が乗っ取られる時代に生まれ、自分の祖母でもある武照が自ら退位するまでを青年時代として過ごします。則天武后が開いた王朝が平和裏に終焉した西暦705年、玄宗は20歳になっていました。
武氏から皇位を奪還した唐の李氏は睿宗の兄であり李隆基の叔父でもある中宗が即位するのですが、その行く手は万事安泰というわけではありませんでした。

従兄の失敗

叔父である中宗の后に、韋后がいます。この韋后は中宗との間に皇子がいなかったのですが、義母である則天武后に似て欲の強い女性だったようです。前政権の周の皇族である武一族と結託し、自分たちの一族に次々と利権を付与。
この流れを周の二の舞になると危ぶんだ中宗の三男、皇太子であり、李隆基にとっては従兄にあたる李重俊は、西暦707年、韋后とその娘である安楽公主に加え、その舅で武一族の有力者・武三思を除くためクーデタを敢行。前政権の武氏の一族であり、則天武后の後釜として皇太子を望んでいたこともある武三思が、安楽公主(李重俊から見て異母妹)を皇太女にさせようとしたことが理由でした。クーデター派は武三思を殺せたものの、韋一族の逆襲に遭い失敗し、李重俊は殺されてしまいます。

韋后の排除

韋后は、則天武后によって夫の中宗が無理矢理皇帝の座から引き摺り下ろされた時、都を逐われて夫と一緒に配流されたことがあります。苦難を共にした夫婦仲は悪くなかったと言われていますが、愛は永遠では無かったのでしょう。李重俊を死に追いやった後の西暦710年、自らの不倫が発覚しそうになった韋后は、先手を打って娘の安楽公主とともに夫の中宗を毒殺。中宗の末子で、韋后とは血縁関係のない李重茂を急遽皇帝として擁立します。
発言権の無い若い皇帝を擁立する。武周と同じ手口ですね。皇族の一員として既に成人しており、韋后の動きに危機感を感じた李隆基は、高宗と則天武后の娘で中宗・睿宗兄弟の末娘であった太平公主を宮廷内部の協力者として引き込んだ上で、韋一族を滅ぼします。

外戚一派の一掃

中宗の崩御と韋一族の滅亡により、父である睿宗が重祚。しかし今度は、手を組んだはずの太平公主との間での対立が始まります。太平公主は、見た目も行動も則天武后と同じだったようで(これゆえに則天武后には可愛がられたようですが)、衝突は時間の問題だったかもしれません。韋一族を滅ぼした2年後の西暦712年、睿宗から譲位された李隆基は第9代皇帝・玄宗として即位するのですが、即位の翌年に、自ら剣を取って太平公主一派を一掃。
ここに、高宗時代から続く、皇帝の外戚を中心とした宮廷の乱は終結。唐の政権は、再び皇族の李氏のもとに戻ることになりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

これらの一連の政変は、武后と韋后の一族の名前をまとめて、「武韋の禍」と呼ばれている。

\次のページで「皇帝として」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: