安土桃山時代日本史歴史

3分で簡単「五大老」!「五奉行」との違いも元塾講師が分かりやすくわかりやすく解説

五大老のまとめ

それでは、五大老についてまとめていきます。独裁政権を続けていた豊臣秀吉は、豊臣政権の次の世代の準備を充分に行っていませんでした。息子・豊臣秀頼が後を継ぐのは良しとしても、豊臣秀吉が死去すれば各地の有力な大名が揃って天下統一を狙いにくるでしょう

それでは豊臣秀頼にも豊臣政権にも未来はなく、死期が近いと悟った豊臣秀吉は未来の政権安定のためのを考えます。その策とは、天下統一を狙うだけの力を持つ有力な大名を今この時点で豊臣政権に取り入れておくことで、つまり自分の死後に豊臣秀頼や豊臣政権にとって脅威になり得る存在を味方につけたのです。

言わば大名のオールスターで、ここに集められた5人を五大老として設置しました。彼らには政治を一手に掌握させる……言わば現代で言うところの国務大臣に相当する役割を与え、豊臣秀吉は自分の死後も五大老が息子の豊臣秀頼をサポートしてくれることを期待したのです。

五奉行のまとめ

五大老と時を同じくして設置されたのが五奉行です。五奉行もやはり豊臣政権の政治に関わる仕事を任されましたが、立場としては国務大臣の五大老に対して五奉行は官僚、つまり役職の格を比較すると「五大老>五奉行」であり、五奉行は五大老の下に設置されました。

また、五奉行のメンバーはいずれも豊臣秀吉の家臣であり、豊臣政権外から集められた五大老に対して五奉行は豊臣政権内から集められています。豊臣秀吉は、この五大老と五奉行の10人で豊臣秀頼の政治のサポートをする体制を作ったつもりでした。

しかし、豊臣秀吉の思惑どおりにはいきません。豊臣秀吉の死後は五大老も五奉行も対立し、それぞれが東と西に分かれて関ヶ原の戦いが起こります。そして、豊臣政権は関ヶ原の戦いの勝者となった徳川家康にその政権を奪われ、豊臣秀頼を含めた豊臣家はやがて滅びる運命にあるのでした。

五大老を覚えることは関ヶ原の戦いを覚えるための前哨戦

五大老は未来の豊臣政権の安定を目的に設置されたものですから、深い政策の意図などはありません。ですから、覚えることとすればメンバーの名前と五奉行との違いくらいでしょう。

五大老を学ぶことによる最大の価値は、関ヶ原の戦いを俄然理解しやすくなることです。今回解説した内容を勉強することは関ヶ原の戦いを勉強するための前哨戦、この後は引き続き関ヶ原の戦いの勉強に進みましょう。

1 2 3 4
Share: