日本史歴史江戸時代

豊臣家と徳川家の対決「大阪夏の陣」元塾講師が分かりやすく5分で解説

よぉ、桜木建二だ。今日は大阪夏の陣について勉強していくぞ。豊臣秀吉の死後、天下統一を果たしたのは徳川家康だが、豊臣秀吉が死去しても豊臣家が滅びたわけではない。

では徳川家康の天下統一後、豊臣家はどうなったのだろうか?…その謎が解けるのが大阪夏の陣であり、豊臣家の行く末が分かるだろう。今回は大阪夏の陣について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

shintomoyui0311

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から大阪夏の陣をわかりやすくまとめた。

徳川家と豊臣家の共存

image by PIXTA / 14773433

政治の実権を握った徳川家康

大阪夏の陣は1615年に起こりましたが、前年の1614年には大阪冬の陣が起こっており、これら2つをまとめて大阪の陣、もしくは大阪の役と呼びます。今回のテーマは大坂夏の陣ですが、冬の陣まで遡って大阪の陣全体が理解できるように分かりやすく解説していきますね。

豊臣秀吉の死後、豊臣政権では五大老の1人だった徳川家康が力を持つようになりました。そして1600年、徳川家康が石田三成を破って天下統一の第一歩となったのがかの有名な関ヶ原の戦いであり、戦後の処理を行うなどして徳川家康は政治の実権を握ります。

この時、豊臣家の領地は以前の1/4まで減らされてしまいますが、豊臣秀吉の功績によって豊臣家の権力が強かったことに変わりありません。さて、1603年に征夷大将軍に就任した徳川家康はこれをきっかけに本格的な政権作りを開始、これが江戸幕府であり、こうして徳川家と豊臣家の2大権力が共存する状態になりました。

未だ強い権力を持つ豊臣家

天下統一を実現したい徳川家康にとって、豊臣家は邪魔な存在でした。豊臣体制ではまだ幼い豊臣秀瀬が後継者となりましたが、徳川家康はあくまでその後見的立場です。しかし、徳川家康もまた江戸幕府の初代将軍に就任したことで豊臣家に近い権力を手にしており、その地位を不動のものとするには同等権力を持つ豊臣家がどうしても邪魔でした。

そこで徳川家康は豊臣家を服従させ、それを拒否された時には滅ぼしてしまおうと考えます。最も、あくまでそれは徳川家康の秘めた考えの1つでしかありませんでしたが、その考えが決意に変わった瞬間が1611年の二条城での徳川家康と豊臣秀頼の会見で、立派に成長した豊臣秀頼の姿に徳川家康は危機感を持ったのでしょう。

そんな中、1614年に大きな事件が起こります。豊臣秀吉の17回忌にあたるその日、京都方広寺で大仏の開眼供養が実施される予定になっていました。しかし、そこの梵鐘の銘文として書かれた「国家安康」「君臣豊楽」の文字に徳川家康が激怒、これは豊臣家の「豊臣」が並んでいるのに対して、徳川家康の「家康」の文字が引き裂かれていたためです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
shintomoyui0311