英語の熟語

【英語】1分でわかる!「do away with …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「do away with …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「〜を廃止する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC880点で、現役の大学生であるライターTakaosushiを呼んです。一緒に「do away with …」の意味や例文を見ていきます。

ライター/Takaosushi

英語を勉強することが好きで英語科に通う大学3年生。英語を言語学としても勉強する筆者が詳しく解説していく。

熟語「do away with …」の意味は?

image by iStockphoto

「do away with …」には「〜を廃止する」「〜を処分する」「〜を殺す」という意味があります。ビジネスシーンなどでも使われるややフォーマルな表現で、受け身でも使うことが可能です。

「do away with …」だけでこのような意味を連想するのは少し難しいかもしれませんが「do away with」の直訳「〜から離れて何かをやる」から派生して「〜から離れて使わないようにする」というイメージが理解できれば少しはわかりやすいかと思います。

それぞれ例文を使って詳しく見ていきましょう。

意味その1 「〜を廃止する」

まず「do away with …」には「〜を廃止する」という意味があります。法律などに使われることが多いため、新聞やニュースで見かけることがある表現です。

それでは例文を見ていきましょう。

That law was done away with last year.
その法律は昨年廃止された。

Discrimination should be done away with.
差別は根絶されるべきだ。

Should we do away with the capital punishment?
私達は死刑制度を廃止すべきだろうか?

意味その2 「〜を処分する」

また「do away with …」には「〜を処分する」「〜を殺す」という意味もあります。(「kill」と比べるとかなり婉曲的な表現です)

それでは例文を見ていきましょう。

I did away with old textbooks.
私は古い教科書を処分した。

He did away with his son.
彼は自分の息子を殺した。

I have to do away with a document.
私は文書を処分しなくてはいけない。

\次のページで「熟語「do away with …」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: