英語の勉強法

【英語】現役塾講師が前置修飾を解説!基本パターンを身につけ語順ミスをなくそう

よぉ、桜木建二だ。名詞を修飾するには、前置修飾と後置修飾があるぞ。そのうち前置修飾は英語学習を始めたころから頻繁に出てくるせいか、なんとなく英文をつくっている人も多い。ここで「なんとなく」ではなく文法的に理解しておけば、いつでも正確な英文をつくることができる。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

前置修飾の基本と代表的な例

image by iStockphoto

今回は、名詞を前から修飾する「前置修飾」について解説していきます。前半は、前置修飾の基本と代表的なパターンで前置修飾の基本的な形を身につけましょう。

前置修飾とは?

「前置修飾」とは、名詞を前から修飾することを言います。その際に修飾する語句は「形容詞」や「分詞」などがあり、修飾する語は1語とは限らず2語以上のこともありますよ。修飾した語のカタマリは名詞句となり、名詞が置ける場所にはどこでもおくことができます。

次の文では、名詞「park」の前に置かれている形容詞「large」が「park」を修飾しています。

 I always run in the large park.(私はその広い公園でいつも走っている)

今度は修飾する語が2語あるケースです。2つの形容詞「big」と「sweet」が名詞「peach」の前に置かれて、ともに名詞「peach」を修飾しています。

 He like a big sweet peach.(彼は大きくて甘いモモが好きだ)

「a + 形容詞 + 名詞」の前置修飾

前置修飾の基本的なパターンとして「a + 形容詞 + 名詞」があり、前の形容詞が後ろの名詞を修飾します。この場合、「a」の代わりに「an」「the」「my(代名詞の所有格)」などもよく使われますよ。今まで、なんとなく単語を並べていた人は、この機会に「a + 形容詞 + 名詞」と覚えておくといいですね。

この文では、形容詞「favorite」が後ろの名詞「sport」を修飾しています。この名詞句である「My favorite sport」というカタマリは主語になっています。

 My favorite sport is volleyball.(私の好きなスポーツはバレーボールだ)

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

このように、「前置修飾」の基本と代表的なパターンを説明してきた。前置修飾と名詞のカタマリである名詞句は、名詞を置ける場所にはどこでも置くことができるぞ。主語や目的語、補語のほか、前置詞を先頭にした前置詞句などでも使うことがある。

その他の前置修飾

image by iStockphoto

前半は基本的なパターンを見てきました。後半は「分詞」や「比較」の文法事項に関する前置修飾の表現ですが、「分詞」や「比較」のすべての場合に前置修飾とはならないので詳しく見ていきましょう。

「分詞」を伴う前置修飾

まずは、分詞を伴う前置修飾です。分詞とは、動詞の「現在分詞形」または「過去分詞形」のことで、形は「分詞 + 名詞」と名詞の前から分詞が修飾します。分詞の場合に注意が必要なのは、分詞1語で修飾するなら前置修飾、分詞を含めて2語以上で修飾するなら後置修飾となることです。

先に分詞1語で名詞を修飾する前置修飾の例文です。分詞1語で名詞「baby」を前置修飾しています。

 That sleeping baby is my daughter.(あの眠っている赤ちゃんは私の娘だ)

次は分詞を含めて2語以上で名詞を前置修飾する例文です。「reading the book there」の4語で名詞「boy」を後置修飾しています。

 The boy reading the book there is my son.(そこで本を読んでいる男の子は私の息子だ)

「比較」を伴う前置修飾

さらに、「比較」を伴う前置修飾を見ていきましょう。形容詞が「比較級」や「最上級」の形となり、名詞を前置修飾するパターンです。比較には副詞が「比較級」や「最上級」となる用法もありますが、副詞は名詞を修飾しないので前置修飾には該当しません。

比較の文のすべてで前置修飾となるわけではないので、前置修飾の例文と前置修飾とならない例文を見ていきましょう。

前置修飾の例文です。形容詞の比較級「elder」が名詞「sisters」を修飾しており、前置修飾となっています。

 I have two elder sisters.(私には二人の姉がいる)

こちらは、前置修飾とならない場合の例文です。文型でいうとSVCで、形容詞の比較級「older」は主語「I」の修飾をしているので前置修飾とはなりません。

 I am older than him.(私は彼より年上だ)

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまで、その他の前置修飾について見てきた。「比較」で前置修飾となるのは「形容詞」の場合だけで、「副詞」の場合は前置修飾とはならない。名詞を修飾する「形容詞」と名詞以外を修飾する「副詞」との見極めが大切だ。

前置修飾を理解して、正しく文の構造をつかみましょう

前置修飾について、基本パターンや文法事項を交えたケースを解説しました。とくに、「分詞」や「比較」では、いつも前置修飾になるわけではないので見極めが大切ですね。

また、前置修飾や後置修飾を理解するということは、英語の語順を理解することにつながります。さらに、長文でも文の構造をつかめるようになるので、長文も読みやすくなりますよ。

Share:
yamato810