英語の熟語

【英語】1分でわかる!「Don’t worry.」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「Don’t worry.」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「心配しないで」ですが、幅広く使うことができる使いやすいフレーズです。

個別指導塾で受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んです。一緒に「Don’t worry.」の意味や例文を見ていきます。

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

熟語「Don’t worry.」の意味は?

image by iStockphoto

「worry」は「心配する」「気をもむ」という意味の動詞です。つまり「Don’t worry.」は否定の命令文の形になっているので、「心配しないで」「気にしないで」という意味になります。

意味その1 「心配しないで」

「Don’t worry.」は、何かを心配している相手に「大丈夫?」と伝えるための表現です。例えば何か悪いことが起こった場合や、これから起こるであろう心配事などに対して「心配しないで」という意味で使うことができます。

また「Don’t worry about ○○」の形で使われることも多く、「about」の後ろに入るのは心配事の内容です。「Don’t worry about it.」の形は決まり文句のように出てくるので、そのまま覚えておいてもいいでしょう。

Don’t worry. Things will work out.
心配しないで。何とかなるよ。

Don’t worry about others.
他人のことは気にするな。

Please don’t worry about what happened last week.
先週のことは心配しないでください。

熟語「Don’t worry.」の言い換えや、似た表現は?

「心配しないで」と声をかける時に使う「Don’t worry.」。他にもいくつか同じような意味を持つ口語表現があります。

例えば「Never mind.」も「気にしないで」という意味ですが、「Don’t worry.」との違いは「大したことではない」というニュアンスを含んでいる点です。何かを心配している人に向かって「大したことないよ」というと逆に嫌な気分にさせてしまうかもしれません。

また「It’s not a big deal.」は感謝や謝罪されたときに「大したことない」と謙遜するようなニュアンスがあります。

\次のページで「言い換え例:「Never mind.」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: