物理物理学・力学理科

死海では人の体は沈まない?その仕組みを元理系大学教員がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は死海で人の体が浮く原理について解説していくぞ。死海は塩水で満たされた湖で、そこでは海と同じように人の体が浮かぶ。しかもその浮かび方は、海以上で沈まないほどだという。なぜ死海ではそのような現象が起きるのか。

その仕組みに詳しいライター、ひいらぎさんと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ひいらぎさん

10年以上にわたり素粒子の世界に携わり続けている理系ライター。中でもニュートリノに強い興味を持っており、その不思議な性質を日夜追いかけている。今回は死海で人の体が浮かぶ仕組みについてまとめた。

死海とは

image by iStockphoto

死海はアラビア半島の北西部にある塩湖で、東側はヨルダンの山々に面し、西側はエルサレムの起伏に富んだ丘に面しています。風光明媚な土地であり、聖書に出てくるソドム、ゴモラ、アドマン、ゼボイム、ゾアルという5つの都市があったと考えられているような歴史ある湖です。

では、その死海について特徴を見ていきましょう。

なぜ塩水が湖に?

死海やカスピ海(ロシア、アゼルバイジャン、トルクメニスタン、イラン、カザフスタンの五か国に面している)、グレートソルト湖(アメリカ合衆国・ユタ州)といった塩水で満たされた湖のことを、塩湖(または塩水湖)と呼びます。

なぜ淡水ではなく、塩分を含んだ水が湖に湛えられるのでしょうか。その理由は湖を取り巻く環境にあります。特に死海のような周りを陸地で囲まれた内陸湖の場合ですと、塩分やミネラルといった成分を多く含んだ水が川(死海の場合はヨルダン川)から流れ込んでくるのですが、湖に出口がないために、水が蒸発する一方で塩分などの成分は残ってしまい、相対的に水中の塩分濃度が上がってしまうのです。

ちなみに、水の蒸発によって死海には塩と豊富なミネラル分の混合物が残り、この混合物は工業や農業、化粧品などの医薬品において上質な原材料として活用されています。

色々な世界一

image by iStockphoto

死海は世界で最も塩分濃度が高い塩湖として知られていますが、その塩分濃度は約30%で、なんと海水の10倍ほどです。より具体的には、死海の水を1リットルすくうと、その中に塩分が230~270gほど含まれており、これが湖の底だとさらに濃さを増し、428gとなります。この高い塩分濃度ゆえに、死海には湧き水が出ている一部の箇所を除いて魚類が生息していません。この湖が「死海」と呼ばれる所以でもあります。

さて、死海が誇る世界一は塩分濃度だけではありません。実は死海は世界で最も低い場所でもあるのです。死海の湖面は海抜(海水面から測定した高さ)で示すと、-430mであり、海面から約400メートルも下に位置しています。さらに死海の深さは世界中の塩湖の中でも最も深く、平均水深が145m、最大水深が433mであり、海抜も含めて考えると湖の底は地表から800メートル以上も深い場所となってしまうのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

死海のような塩湖が淡水ではなく塩水で満たされているのは、川から流れ込んできた水が逃げ場をなくして蒸発していくためだったんだな。さらに死海は世界で最も低い土地であることなど、様々な特徴を備えていることが分かった。では次に、死海では人が浮かぶ理由について考えていくとしよう。

浮き輪なしでも人の体が浮く?

死海では浮き輪がなくても人の体が浮き、沈むことの方がはるかに難しいと言われています。なぜそのような現象が起きるのか。その原理について考えていきましょう。

\次のページで「浮力とは」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: