英語の熟語

【英語】1分でわかる!「treat A as B」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「treat A as B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「AをBとして扱う」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んだ。一緒に「treat A as B」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Lillygirl

中学時代に苦手だった英語を克服した現役英語講師。わかりやすい説明をモットーに、日々英語にふれている。

熟語「treat A as B」の意味は?

image by iStockphoto

今回の熟語では、「treat」と言う言葉が使われます。

treat」の意味は、「待遇する」とか「取り扱う」です。そのニュアンスをくんで、「treat A as B」は「AをBとして扱う」と言う意味になります。

どんなふうに使えるか、具体的な例を考えましょう。

意味その1 「AをBとして扱う」

「大人として扱う」「物として扱う」というふうな言葉を聞いたことがありませんか?

何かの目的に応じて、通常とは異なる扱い方を言う時に使われますね。
役割や立場が通常と異なる時、この表現を使ってみましょう。

それでは例文です。

He always treat me as an adult.
彼は私をいつも大人として扱ってくれる。

Please treat this book as a treasure. 
この本は宝物として扱ってください。

Don’t treat me as a poor person.
私を貧乏人扱いしないで。

意味その2 「AをBとみなす」

「treat A as B」には「〜とみなす」という意味もあります。

ライバルとみなす」とか「答えないなら同意しているとみなす」と使ってみましょう。

それでは例文です。

I am older than you, but I treat you as my boss.
私はあなたより年上だが、あなたをボスとみなしている。

Kate treats Nancy as a rival even Nancy doesn’t do so.
ケイトはナンシーのことライバルってみなしてるのよ。ナンシーはそうでもないんだけど。

If you have no answer, I will not treat you as my mate.
返事をしないなら、仲間とはみなさないぞ。

\次のページで「熟語「treat A as B」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: