英語の熟語

【英語】1分でわかる!「not necessarily …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

「not always…」を使ってみよう

「not always…」を使うと、言い換えることができます。これは、日常会話でよく使う表現です。
「いつも〜ではない」という風に用います。

例文をみてみましょう。

I’m not always drinking orange juice.
いつもオレンジジュース飲んでるわけじゃないのよ。

She is not always hanging out with me. She has many friends.
彼女はいつも私とつるんでいるわけではないのよ。たくさん友達がいるわ。

It is not always good to set things straight quickly.
物事をすぐに正すのがいつも良いこととは限らない。

「not all ( every) …」を使ってみよう

「not all(every)…」を使うと、言い換えることができます。
これは、「すべての物事(あるいは人)が〜ではない」という時に使えるでしょう。

感じ方や考え方が人それぞれ異なることを伝える時に使えるかもしれません。

Not all the people like blue.
みんなが青色が好きってわけじゃないのよ。

Not all Japanese can wear kimono by themselves.
日本人だからってみんな着物の着付けができるわけじゃない。

Not everyday the store opens.
あの店、毎日営業してるわけじゃないんだよ。

「not exactly…」を使ってみよう

not exactly…」を使っても言い換えることができます。「exactly」のニュアンスは「厳密さ、正確さ」です。

厳密にいうと(正確にいうと)〜ではない」という言い方ができます。
例文をみてみましょう。

Actually, I do not exactly understand the system of this machine.
実は、私はこの機械のシステムを正確にはしらない。

The answer is not exactly “Yes”.
その答えは厳密には「ハイ」ではないんだ。

I don’t exactly know who choose this map.
誰がこの地図を使うって決めたのか正確にはしらないんだ。

\次のページで「熟語「not necessarily…」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: