英語の熟語

【英語】1分でわかる!「not necessarily …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「not necessarily…」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「必ずしも〜ではない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んだ。一緒に「not necessarily…」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Lillygirl

中学時代、苦手だった英語を克服した現役英語講師。わかりやすく説明することをモットーに日々英語に触れる。

熟語「not necessarily…」の意味は?

image by iStockphoto

今回の熟語「not necessarily…」は、「必ずしも…ではない」という意味です。

一般に真実と言われるものでも、必ずしも真実ではない状況がある時に用います。
具体的に考えてみましょう。

「必ずしも〜とは限らない」と言ってみよう

私たちは、皆様々な文化や環境の中で育ち、様々な仕事をします。

それで、大抵の場面は「正しい」こととされていても、別の場面では「通じない」ということがありますね。
また、自分のルーティーンがあるとしても特定の環境や状況ではそれができないこともあるかもしれません。
状況によって対応や解決策が異なることを「not necessarily…」を用いて表現してみましょう。

Experience is not necessarily the key to slove problems.
経験がいつも問題を解決する鍵とは限らない。

I’m not necessarily having this bag at rainy days.
別に、雨の日はいつもこのバックを持ってるわけではないのよ。

You do not necessarily have to go out when he called you.
彼が呼んだからって、いつも遊びに行く必要はないのよ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

なるほど、熟語「not necessarily…」は忠告や、説明など様々な状況で使える表現だな。
それでは、「not necessarily…」の言い換えをみていこう。

熟語「not necessarily…」の言い換えや、似た表現は?

今度は言い換えを考えていきます。

実はこの「必ずしも…ではない」という言い方は、英語では細かく異なる表現が存在するんです。
3つのパターンを考えてみましょう。

\次のページで「「not always…」を使ってみよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: