世界史中東の歴史歴史

ヨーロッパの脅威だった「オスマン帝国」はなぜ消滅したのか?世界史大好き歴女が徹底解説!

よぉ、桜木建二だ。今回はオスマン帝国についてだ。オスマン帝国は現在のトルコ共和国の前身となった帝国だ。ヨーロッパとアジアの中間に位置していたため、交易で栄えたんだ。13世紀末期から第一次世界大戦に敗北した後に消滅したオスマン帝国。ヨーロッパの脅威となったこの帝国がなぜ消滅したのか?

そもそもオスマン帝国ってどんな帝国だったのか、それまでの帝国の歴史について歴女のまぁこと解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

totocco0630

ライター/まぁこ

ヨーロッパ史が好きなアラサー女子。ヨーロッパ絵画にも興味があり、関連した本を読み漁っている。イスラム圏の文化についても興味があり、今回はヨーロッパの脅威として恐れられたオスマン帝国がなぜ消滅したのか読み解いていく。

1 オスマン帝国のはじまり

image by iStockphoto

オスマン帝国は現在のトルコ共和国に繋がる帝国。もともとはテュルク系が台頭して誕生することに。スルタンを君主としたイスラム帝国で多くの民族が支配下にいたため、宗教政策は寛容でした。ではこの帝国がいつ興ったのか解説していきます。

1-1 オスマン帝国とは?

オスマン帝国は1299年にオスマン1世によって建国されました。そして7代目スルタンのメフメト2世の時にコンスタンティノープルを陥落。この陥落によって東ローマ帝国コンスタンティノス11世が戦死。東ローマ帝国は滅亡することに。コンスタンティノープルの陥落によって、3つの変化が起こりました。陥落によってキリスト教の宗教権威が失墜。これによってルターなどの宗教改革が起こるきっかけとなりました。またルネサンスが起こることに。征服したメフメト2世はオスマン帝国の首都をコンスタンティノープルへ遷都。そして名称もイスタンブールとすることに。これは現代でも使われていますね。

1-2 メフメト2世の治世

メフメト2世の治世では市場(バザール)が整備されることに。これは今日のバザーの語源となっています。また宗教政策では寛容な姿勢を取っており、キリスト教徒に対して信仰を保障していました。またオスマン帝国の立地はヨーロッパ圏とアジア圏の中間に位置してしたため、交易で栄えることに。ちなみにオスマン帝国がアジアとヨーロッパの陸の交易を押さえていたため、ヨーロッパでは香辛料を求めて海外進出を図るようになりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

オスマン帝国がヨーロッパとアジアの間に位置していたために交易の要となったんだな。そして香辛料を求めて、ヨーロッパの人々は海外進出を考えるようになったんだな。

2 スレイマン1世の治世

9代目のセリム1世マムルーク朝を滅ぼしたことで、オスマン帝国はイスラム教徒にとっての聖地、メッカとメディアを手に入れることに。こうして帝国はイスラム教の盟主となったのでした。その後、オスマン帝国で最盛期を治世することになるスレイマン1世が登場します。

2-1 領土が最大となった時代

オスマン帝国はスレイマン1世の治世時に領土が最大となりました。聖ヨハネ騎士団を倒し、東地中海の制海権を獲得。またハンガリー王国をモハーチで破り、首都ブダを占領することに。スレイマン1世はヨーロッパ進出に意欲的で、彼の最大のライバルとして挙げられたのは、神聖ローマ帝国のカール5世。打倒カールのため、カール5世の敵であったフランスのフランソワ1世と同盟を結びカールと対決。第一次ウィーン包囲では12万の兵士で囲み、カールと弟のフェルディナンドを追い詰めます。しかしあと一歩及ばず。予想以上にカール側の守備が固く、長期化したことで冬が近づいてきます。スレイマンは兵士を撤退するしかありませんでした。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
totocco0630