三国時代・三国志世界史中国史歴史

【三国志】武闘派?智謀派?武将「夏侯惇」を中国史マニアが分かりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今日は、魏の英雄曹操の血縁にして側近であった「夏候惇」について、勉強していこう。曹操が挙兵において副将として仕えた頃から、流れ矢に打たれ片目を失った『呂布討伐戦』、そして曹操の最期まで従った彼の一生をわかりやすくまとめておいた。

年間100冊以上を読む読書家で、中国史マニアのライターKanaと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Kana

年間100冊以上を読破する読書家。現在はコーチ業に就いており、わかりやすい説明が得意。中国史マニアでもあり、今回は「夏候惇」について、わかりやすくまとめた。

「夏候惇」の出自、そして青年時代

 「夏候惇」(かこうとん)、字は「元譲」(げんじょう)といいます。出年は不明であり、場所は『豫州』(よしゅう)『沛国』(はいこく)という所です。後に主君となる「曹操」(そうそう)とは従兄弟の関係であり、性格は謙虚で義理堅く、向上心を持ち合わせていたといいます。そんな性格もあったのでしょう、曹操には非常に重宝されたようです。

 そんな夏候惇ですが、気性の荒い一面もあったという逸話が残されています。彼が14歳の時に、とある男に学問の師を侮辱されるのです。すると夏候惇は怒り、その男を殺してしまったといいます。これは『三国志正史』での逸話であり、夏候惇が持つ気性の荒い猛将のようなイメージの一旦となったのは間違いありません。

曹操の挙兵、副将として付き従う

 曹操の挙兵の時がきました。夏候惇はこの当時から、副将として付き従っています。しかしこの時の軍は、曹操自身が私財を投入しており、夏候惇をはじめ「夏侯淵」(かこうえん)、「曹洪」(そうきょう)や「曹仁」(そうじん)、「曹純」(そうじゅん)などを中心とした身内ばかり、軍とはとても言い難い小さな勢力だったのです。

 190年、曹操の親友である「袁紹」(えんしょう)が都・『洛陽』(らくよう)で悪政を敷いていた「董卓」(とうたく)に対し、逆賊討伐の大義名分を掲げ『反董卓連合軍』を結成します。夏候惇もまた、曹操に従いこれに駆けつけました。しかし、終結した諸侯は自らの利益を優先するばかり、積極的に打って出る者も居らず、逆に董卓に恐れを抱き、牽制を始めてしまいます。

 すると、なんと董卓は洛陽を焼きはらってしまい、『長安』(ちょうあん)へと遷都を決行してしまうのです。これを好機とみた曹操は、盟主である袁紹へ進言するのですが、諸侯の打算もあり却下されてしまいました。業を煮やした曹操は、わずかばかりの配下の兵と共に打って出ますが、その兵力差から敗走してしまいます。

夏候惇はとある能力に秀でていた

 その後、曹操は『兗州』(えんしゅう)を中心に勢力を広げていきます。夏候惇は、曹操から軍を率いて白馬に駐屯するよう命を受けました。『太守』(たいしゅ)に任じられると「韓浩」(かんこう)や、後に曹操の親衛隊となる「典韋」(てんい)など優れた人物を見出し、部下に迎えるのです。

 ここから伺える夏候惇の秀でた能力とは、まさに人心の掌握でしょう。武勇に優れたイメージがありますが、実際には謙虚な性格で褒美もその殆どを部下に分けてしまうような人物だったようです。ここから優れた人物の発掘・雇用により主君・曹操を大きく助けました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

夏候惇は、幼い頃から主君曹操と付き合いがあったんだ。しかし、夏候惇の人となりを表すようなエピソードには驚きだな。

曹操配下武将の謀反、いち早く出立した夏候惇はなんと…

image by PIXTA / 48873305

 193年、曹操陣営を脅かす出来事が起こります。『徐州』(じょしゅう)の「陶謙」(とうけん)によって、曹操の父「曹嵩」(そうすう)や弟「曹徳」(そうとく)を含めた一族を殺されてしまうのです。曹操はこれをうけて復習戦を行うことを決意します。曹操が軍勢を率い兗州から徐州に侵攻すると、夏候惇は兗州にある『濮陽』(ぼくよう)というところの守備を任されました。

 濮陽を守っていた夏候惇の耳に、曹操配下の「張邈」(ちょうばく)「陳宮」(ちんきゅう)らの謀反の知らせが届きます。陳宮らは武将「呂布」(りょふ)を主君として迎えていたのです。城内には曹操の家族もおり、夏候惇は彼らを守ろうと軽装の兵で出立します。しかし、呂布配下の将の策によって夏候惇は捕らわれてしまうのです。

 夏候惇の人望は厚いものでした。夏候惇陣営内は大慌てですが、夏候惇の部下である「韓浩」(かんこう)は敗北が許されません。涙しながらも「人質には構わない」と戦っていったため、呂布軍は恐れ慄き夏候惇を釈放したのです。さらには、大将である己を見捨てて徹底抗戦の構えをとった韓浩に対して称賛したといいます。この時の逸話から、夏候惇がどれだけ慕われていたかが伺えますね。

次のページを読む
1 2 3
Share: