日本史

本能寺の変だけじゃない「明智光秀」の一生を元塾講師がわかりやすく解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

本能寺の変だけに注目すると、織田信長は明智光秀の謀反に気づけなかった愚かさを感じるかもしれない。しかし、それまでの明智光秀を知ることでそれも頷けるだろう。この頃、明智光秀は数々戦いによる功績によって織田信長から絶大な信頼を得ていたのだ。

明智光秀の象徴である本能寺の変

image by PIXTA / 12381597

本能寺に宿泊中の織田信長を包囲

1582年、徳川家康の饗応役だった明智光秀はその任務を解かれて羽柴秀吉(はしばひでよし)……つまり豊臣秀吉の毛利討伐の支援を命じられました。饗応役とは「きょうおうやく」と読み、これは江戸幕府が設けた役職で、天皇・上皇・女院より派遣された江戸に下向してきた使者の接待をするのが役割です。

さて、支援を命じられた明智光秀は早朝に出陣しますが、その道中で重臣にのみ織田信長を討伐する意思を伝えたとされています。この明智光秀の意思は一般の兵士達には知らされていませんでした。出陣して進軍中の明智光秀は、軍を京都に向けて転進させたのです。

この時、京都に向かう口実として「森蘭丸(もりらんまる)からの使いがあり、織田信長が明智軍の軍曹などを検分するらしい」と告げました。この時、織田信長は京都の本能寺に宿泊しており、明智軍は本能寺を包囲したのです。

本能寺の変と織田信長の最期

明智光秀の襲撃の知らせを聞いた織田信長でしたが、それに対抗するのは不可能な状況でした。なぜなら兵力に大きな差があり、諸説によるとおよそ10000以上とされる明智光秀の軍勢に対して、織田信長が本能寺に連れてきた兵は100前後しかなかったからです。

絶望的な状況の中で織田信長は自ら死を選んで自害、本能寺に火を放ちました。また、明智光秀は織田信長の長男である織田信忠(おだのぶただ)がいた二条御所も襲撃します。一旦は逃れて徹底抗戦の構えを見せた織田信忠でしたが、父である織田信長が自害した報告を聞くと、後を追う形で自害したのです。

自害とは言え、圧倒的軍勢で織田信長を倒した明智光秀でしたが、この時織田信長の遺体は発見されず、また織田信忠の遺体もまた同様に発見されませんでした。これが本能寺の変ですが、最大の謎とされているのは明智光秀の謀反の理由であり、現在でも様々な説が挙げられています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

出陣中の軍を転進させ、不意打ちの形で織田信長を倒した明智光秀だが、謀反の理由は未だ謎となっている。また、本能寺の変によって織田信長だけでなく、最終的に織田信長の長男である織田信忠が死亡していることも覚えておいてくれ。

山崎の戦いと明智光秀の最期

image by PIXTA / 40712312

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
shintomoyui0311