桜木が教えるおすすめ参考書特集

国語の参考書7選!現役東大生がおすすめする参考書をドラゴン桜桜木と解説【現代文・古文・漢文別】

国語の参考書というと、主に古文・漢文をイメージするのではないでしょうか?現代文においては漢字や四字熟語あたりを必要に応じて購入するかもしれませんが、現代文の参考書はそもそも使わないという人もいるかもしれませんね。

でもそれはもったいないです!現代文にも効果的に勉強できる参考書があります。二浪の末合格した現役東大生の西岡さんと、ドラゴン桜の桜木さんの解説からおすすめ国語参考書とその活用の仕方を学んでいきましょう。

今回はYouTube「ドラゴン桜チャンネル」から、国語のおすすめ参考書に関する情報をお届けします。

この記事は「ドラゴン桜チャンネル」の内容からお届けします

語彙力・漢字力をつけよう

語彙力・漢字力をつけよう

image by Study-Z編集部

受験科目の中で西岡さんは現代文を一番早く始めたそうです。現代文は、勉強をしてから結果が出るのに時間がかかる科目。成績がすぐに上がるというものではないからです。ちなみに西岡さんは現代文が苦手だったそう。「文章が長くて何を言っているのかわからない。そもそも書いてある言葉がわからない。英語で英単語がわからなくて文章が読めないのと同じで日本語が読めないということが起こった。」と言います。

語彙力がないのが悩みだった西岡さんは、英語と同じように日本語でも単語・熟語を徹底的に勉強することにしました。そこで選んだ参考書が、次に紹介するものです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

日本語は感じで何となく意味が分かってしまう。なんとなく読めてしまう。でもほとんど実は意味が全く分かっていない、という文章の連なりがあるとテストは解けないぞ。

おすすめ参考書その1:漢字の意味を理解し語彙力を増やす参考書

西岡さんが選んだ参考書は、「生きる漢字・語彙力」。簡単な漢字から難しい漢字まで網羅されており、意味、ポイント、言葉の成り立ち、熟語の使い方などの解説が充実した参考書です。

英単語を覚えるときにはシンプルな単語帳を選んだ西岡さんですが、基礎力がある程度ついている日本語の場合は、情報が多く熟語なども同時に覚えられる参考書のほうが役に立ったそう。

二浪後は、いろいろなものをしっかりと完璧にしてから次に進むという勉強法を進めてきた西岡さんは、この参考書を1か月で完璧にするという意欲で3~4周繰り返しました。

IMAGE

生きる漢字・語彙力 | 霜 栄 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで見る
Amazonで詳しく見る
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ゴールデンウィーク前には漢字についてはかなり完璧だ、語彙力を一気に増やすぞ!というつもりでやったんだな。

おすすめ参考書その2:難しい漢字に対応した参考書

「生きる漢字・語彙力」を完璧にした西岡さんですが、現代文で出てくる難しい漢字を覚えるにはもう少しレベルの高いものも必要だと考えて選んだのが「完成漢字2600」。出題頻度の高い漢字、注意を要する漢字を網羅した参考書です。比較的難しい漢字が多く、意味は書いてないので自分で調べる必要があります。

英語の単語帳は一冊に絞った西岡さんですが、日本語は漢字の意味をきちんと理解できるように、「生きる漢字・語彙力」を完璧にしたうえで、その知識を使って「完成漢字2600」で仕上げるという勉強法を選びました。つまり、漢字や語彙の基礎を固めて応用力をつけたということです。

IMAGE

新版完全征服 完成漢字2600―出題頻度順 | 喜光, 加納 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで見る
Amazonで詳しく見る
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「生きる漢字・語彙力」で語彙力を増やし、「完成漢字2600」で漢字力だけを上げていったんだな。

「完成漢字2600」はこんな使い方もおすすめ

「完成漢字2600」はこんな使い方もおすすめ

image by Study-Z編集部

「生きる漢字・語彙力」で漢字力がついた西岡さんは「完成漢字2600」を勉強する際、「この漢字は英語で言ったらどういう意味になるんだろう?」と考え、英単語や英熟語と同時に勉強したそうです。つまり、日本語から英語にする練習と漢字を覚える練習を同時にやったことになります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

こういう勉強時間を短縮するような工夫が大事だぞ!

現代文の読解力をつけよう!

漢字と語彙力を完璧にした西岡さんは、現代文の前提知識をつけること、読解力を養うことに注力しました。

おすすめ参考書その3:現代文の前提知識がつく参考書

評論文読解の際、現代文の前提知識がないために解けない問題もあることに気づいた西岡さんが選んだのは「現代文キーワード読解」。現代文で出やすいキーワードと意味がのっている参考書です。機械論や芸術論をはじめ頻出するテーマについての解説もあります。

IMAGE

現代文キーワード読解[改訂版] | Z会出版編集部 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで見る
Amazonで詳しく見る

出題頻度の高い作家の本を読もう!

出題頻度の高い作家の本を読もう!

image by Study-Z編集部

さらに、西岡さんはセンターで出題された現代文の小説や東大で出題された本を買って読みました。問題集で語彙力を上げ、語彙力がついたうえでたくさんの本を読むという順番で勉強したのでどんどん本の中身を吸収できたそうです。実際そんな風に読んだ本の一節が早稲田の入試で出題されたこともあったとか。

読んでおいたほうがいい本は、現代文で出てきやすい作家の本。具体的には出題頻度が高い鷲田清一、内田樹といった作家の本を読んでおきましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

世界史や日本史の勉強になるような新書を読むことを普段の読書でやる。そういうふうにすると読書自体も楽しめて情報も入ってきて一石二鳥だよな。

古文・漢文おすすめ参考書

古文、漢文でもやはり単語や句形といった覚えなくてはならないものを先に完璧にして、そのうえで読解の問題集をやるといった方法がおすすめです。

おすすめ参考書その4:古文単語の参考書

古文単語を覚えるために西岡さんが選んだのは「速読古文単語」。イラストが多いので、単語の意味がイメージしやすい参考書です。

例えば「あやし」という単語は、漠然とした意味は何となくわかるけれどイラストを見ると、その単語の意味がイメージしやすく、しっかり理解できると西岡さんは言っています。

IMAGE

速読古文単語 | |本 | 通販 | Amazon

Amazonで見る
Amazonで詳しく見る
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

単語を覚える、それがすべての基礎だ。

おすすめ参考書その5:古典の背景がわかる参考書

また、現代とは異なる意味で使われている古文単語を理解するために西岡さんが選んだのが「速読古文常識」。現代の常識と古典の常識のギャップを埋めてくれる参考書です。

例えば、「みる」という古文単語の場合、古典では現代の「見る」という意味のほかに「結婚する」という意味もあります。現代の常識ではどうして「見る」が「結婚する」という意味になるのかわかりませんよね。ところが、古典の常識の範疇では、「女性が見られる」というのは男性と結婚する時くらいしかない、だから「みる」には「結婚する」という意味がある、というようにわかりやすく説明されているので、古文単語を理解して覚えるのに役立ちます。

IMAGE

速読古文常識 | 仲光雄 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで見る
Amazonで詳しく見る

おすすめ参考書その6:これ一冊で点が取れる漢文参考書

西岡さんが漢文対策に選んだのが、「漢文のヤマのヤマ」。漢文の本当に重要なポイントだけを抜き取って解説した参考書です。句形や返り点を効率的にマスターすることができ、漢文学習のコツ、頻出句法の解説と演習問題、漢文を読む際の前提知識などがのっています。

漢文はポイントだけ押さえておけば結構点が取れるので、この一冊を完璧にすれば十分でしょう。

IMAGE

漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ) | 三羽邦美 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで見る
Amazonで詳しく見る

おすすめ参考書その7:漢文でより高得点を目指す参考書

もう少し国語の点をあげたい、漢文は満点を目指したいと思っていた西岡さんは、もう一冊「漢文道場」を使って勉強しました。漢文の基礎から応用レベルまで様々はタイプの問題が多くのっている実践的な参考書です。

IMAGE

漢文道場 入門から実戦まで | 土屋裕 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで見る
Amazonで詳しく見る
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

古文や漢文という分野でも問題集をたくさん買う必要はないぞ。問題集をたくさん買っても結局は勉強が薄くなってしまうだけだ。多くても二冊、その二冊を徹底的にやりこむんだ。そのうえでセンター、東大の過去問をやる。それで十分だ。

国語の勉強は早く始めることがポイント

国語の勉強は早く始めることがポイント

image by Study-Z編集部

西岡さんは、4月~6月は重点的に現代文を勉強し、併せて古文単語や漢文の句形などを暗記したそうです。社会や理科は覚えなければいけないことが多く、あまり早めに詰め込みすぎても直前になると忘れてしまっている可能性があります。早い時期には社会や理科より現代文の読解力を上げることに注力したほうが効率的です。

覚えることが少ない現代文、古文、漢文は春のうちに徹底的にやっておき、センター直前にもう一度やり直すという方法をとりましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

国語はできるだけ春のうちにしっかりとした基礎力をつけておけよ。それが東大に通るための秘訣だ。

国語は春のうちにしっかりした基礎力をつけておこう!

YouTube「ドラゴン桜チャンネル」から、国語のおすすめ参考書に関する情報をお届けしました。

現代文、古文、漢文も単語、語彙、句形などの基礎を完璧にすることから始めるのが鉄則です。早い段階で取り掛かり基礎を完璧にしたうえで、多くの本を読んで読解力を養っていきましょう。

Share:
Vtuber