英語の熟語

【英語】1分でわかる!「as/so long as ~」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「as/so long as ~」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「~する限り」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC900点で、現役の翻訳者であるライターミッシェルを呼んだ。一緒に「as/so long as ~」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ミッシェル

ライター/ミッシェル

中・高生の受験指導を経て、現在はアメリカで翻訳者として活動中。熟語の実践的な使い方を紹介する。

熟語「as/so long as ~」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「as long as ~」「so long as ~」は両方とも条件を表し「~する限り」という意味です。また、「as long as ~」は時間の限度を表して「~している間は」という意味もあります。また、「as long as ~」よりややカジュアルなニュアンスです。

意味その1 「~する限り」

熟語「as long as ~」「so long as ~」は「~する限り、~するのであれば」という意味で「条件」を表します。

You can keep that as long as you give it back.
返してくれるなら、今それを持っていてもいいよ。

I will cook dinner so long as you wash the dishes.
お皿を洗ってくれるなら夕食を作るよ。

You may play games so long as you finish your homework.
宿題を終わらせたらゲームをしてもいいよ。

意味その2 「~している間は」

熟語「as long as」には、「~している間は」という意味もあります。時間の限度を表す表現です。ただし「so long as ~」にこの意味はありません。「~している間は」という意味を表現する場合は「as long as」を使いましょう。

You can keep that as long as you need.
必要な間はそれを持っていてもいいよ。

Sarah tried to stay awake for as long as she could.
サラはできる限り起きていようと試みた。

You can stay here as long as you want.
あなたが望む限りここに滞在していいですよ。

次のページを読む
1 2 3
Share:
ミッシェル