平安時代日本史歴史

日本最古の小説『竹取物語』を歴史マニアが5分で解説

よぉ、桜木健二だ。『竹取物語』は知っているよな?古典でも習っただろう。じゃあ、日本で最初に文字に記された小説が『竹取物語』というのは知っているか?紫式部の『源氏物語』にも「物語の親」と書かれている。

今回は『竹取物語』の内容だけでなく、物語から当時の民間伝承や風俗について歴史マニアのリリー・リリコと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。日本文化や古来の風俗に興味を持ち民俗学をかじる。「物語の親」である『竹取物語』は当時の世界観を探る優良な資料だと判断し、過去に内容の分析を行った。

『竹取物語』を取り巻く世界

image by PIXTA / 46334827

古典の授業で必ず履修する『竹取物語』。日本人の誰もが親しんだ物語であり、2015年『竹取物語』を原作とした某アニメ映画は外国の映画祭や賞に出展されて世界中に知られることとなりました。

『竹取物語』の冒頭数行を暗記してきなさい、と宿題を出された方も多いのではないでしょうか?出だしの「今は昔」はこのころの物語の冒頭につく慣用句で、「今となってはもう昔のことだが」という意味です。要するに、「むかーし、むかし、あるところに~」と私たちが子どものころに聞いたおとぎ話の語り始めと同じですね。

さて、『竹取物語』の解説を始めるにあたって、まず物語のあらすじから復習していきましょう。

「今は昔、竹取の翁といふ者ありけり」

昔、竹を取って様々なことに使っていた竹取の翁(おきな)というおじいさんがいました。ある日、おじいさんがいつものように竹を取りに行くと、根本が光っている竹があります。不思議に思いながら見ると、竹の中に三尺(90.9センチ)ほどのとても可愛らしい子どもが座っていました。おじいさんは「きっと私の子におなりになるはずの人だ」と言ってその子を連れて帰ります。おじいさんはおばあさんと一緒に子どもを育て「なよ竹のかぐや姫」と名付けました。子どもは尋常ではない速さですくすくと成長し、たった三ヶ月で大人の女性になります。

大人になったかぐや姫はとても美しく、世の中の男はみんな姫に夢中になってしまいました。とりわけ、五人の貴公子が熱を上げて求婚を迫るので、かぐや姫はこの五人に難題を吹っ掛けて叶えられた人と結婚するということにします。けれど、誰一人として難題を解決することはできずにみんな諦めてしまったのです。その後、かぐや姫の美貌を聞いた時の帝がぜひ彼女を宮中にと誘うのですが、これにもかぐや姫は応えません。

そうしているうちに、かぐや姫が月を見ては泣くようになってしまいました。おじいさんがわけを聞くと、かぐや姫は実は月の都の人間であると初めて告白したのです。そして、もうすぐ月から迎えが来るとも。

いよいよその日が迫ると、かぐや姫を月へ返したくないおじいさんとおばあさんは帝に頼んで兵を派遣してもらい、屋敷の警備を固めます。ところが、いざ月の使者たちが天から現れると誰も動くことはできません。固く閉ざされていた戸が勝手に開き、とうとうかぐや姫が使者の前に立ちます。かぐや姫は別れに涙するおじいさんとおばあさんに手紙を、帝へは不死の薬を残すと、天の羽衣をまとい、地上での思い出やおじいさんたちへの情をすべて忘れて月へと帰っていきました。

その後、不死の薬を受け取った帝は、かぐや姫のいない世界で不死などと、と嘆き、富士の山頂で不死の薬を燃やしたのです。

物語に潜むキーワード

『竹取物語』が成立したとされるのは平安時代初期。作者は不明です。しかし、『竹取物語』にはそれまでの日本に存在していた民間信仰、伝承、文化、政治的要素、そして富士山、とたくさんのキーワードが散りばめられているので、教養のある上流貴族の男性ではないかと推定されています。『竹取物語』はこれだけ壮大に風呂敷を広げながらも破綻せずにすべてきれいに収めた大作ですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

教科書に載るというのはよっぽどのことだと理解しているだろうが、子どものころに聞くようなおとぎ話を学校で勉強するほど『竹取物語』は日本人にとって思い入れ深く、歴史的価値のある物語だと言える。

不思議な生まれ方をする特別な子どもたち―異常出生譚―

image by PIXTA / 54075096

耳慣れたおとぎ話だからか、竹から女の子が生まれるという奇異な状況を誰も疑問に思うことはないでしょう。他にも桃太郎など植物の中から生まれるおとぎ話もありますし、慣れ親しんだパターンと言っても過言ではありません。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
riri_ririco