英語の勉強法

【英語】長文で時間が足りない人のために現役塾講師が解説!「雑に速く」読んではいけない

よぉ、桜木建二だ。長文で時間が足りないと、「雑に速く読んで解答欄を埋める」か、「丁寧に読んで時間が足りず空欄ができる」かどちらかになる。さて、どちらが見込みがあるのか。答えは「丁寧に読んで時間が足りず空欄ができる」、丁寧に読み続けながら速くなっていくのが理想だ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

英語の基本的な知識と理解を高めよう

image by iStockphoto

長文にもいろいろありますが、高校生の多くが経験する模試やセンターレベルの長文をイメージして解説していきます。模試やセンター試験は、平均的な高校生にとっては語彙レベルや文法レベルが少し高く感じるものです。英語を得意科目にしたい人は、対策が必要ですね。

単語や熟語などの知識は十分か

平均的な高校生にとって、模試の長文に登場する語彙は難しく感じる人が多いでしょう。学校で教科書の単語を覚えたり、単語帳で小テストがあるかもしれませんが、それでは不十分ということです。実際に、模試で高偏差値の人は、教科書や小テストよりどんどん先の単語を学習し、早い段階でセンターレベルの単語を習得しています。

とにかく長文を読めることに照準を合わすなら、英語を見て意味がわかれば十分です。センターレベルの単語の和訳を仕上げて、あとで必要に応じて綴りや派生語も覚えていくといいですね。

全ての文法事項がすらすら思い浮かぶか

長文の本文は、あらゆる文法事項を織り交ぜながら書かれています。そのため、各文法事項の存在を見抜いて、その特徴から適切な意味を把握しなければなりません。長文は文法問題ではありませんが、あらゆる文法を瞬時に判断するためには文法理解は必須ですね。

長文では、「関係詞」や「不定詞」ももちろん大切ですが、文脈をつかむための「接続詞」、状況を把握するための「前置詞」の理解も重要になります。日頃は手が回らない部分かもしれないので、しっかりチェックしたいですね。

さらに、もうひとつの注意したいのは、複数の役割のある語を見抜くことです。例えば、「that」には「代名詞」「接続詞」「関係代名詞」と複数の役割があります。接続詞で「that」を学習し、関係代名詞でも「that」を学習しますが、「that」が出てきたときにどの「that」か判断する練習が必要です。

代名詞:The climate here is like that of Tokyo.(ここの気候は東京のそれと似ている)

接続詞:They say that this goods is selling.(この商品は売れているということだ)

関係代名詞:The watch that I bought yesterday has already broken down.(昨日私が買った時計はすでに壊れてしまった)

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまで、長文を速く読むための知識や理解について見てきた。国語でも同じように、わからない言葉が多かったり、つながりのわからない表現が多いようだと文章全体を理解するのは難しい。そのため、語彙力と文法理解のレベルを上げるのは重要だ。

速く読めるようになるすすめ方やポイント

image by iStockphoto

基本的な語彙力や文法理解を高める一方で、速く読めるようになるための考え方に基づいてすすめるようにしましょう。また、読むテンポやリズムをつける練習も効果的ですよ。

「雑に速く」より「丁寧で遅い」からスタート

とくにマーク式だと解答欄を埋めれば正解する確率はゼロではないので、雑になっても速く読んで解答欄を埋めたいという意識が働くのはわかります。しかし、「雑に速く」読んでいて、これを速さを保ったまま雑を丁寧に変えていくのは非常に難しいですよね。

最終的に「丁寧に速く」になりたいなら、「丁寧で遅い」状態からスピードを上げていくのが現実的です。丁寧に読む練習を積んでいるうち、スピードが上がってきます。

ただ、1ヶ月やそこらで結果はついてこないので、数ヶ月先を見据えて取り組むといいですね。例えば、夏から頑張る高3なら、年内に滑り込みセーフという計画を立てましょう。なかなかスピードが上がらなくても、雑に読むことだけは避けて丁寧に読み続ける決意が必要です。

音読で速読をアシスト

音読と速読は関係ないようにも思えますが、効果が大きい練習になります。

長文を読むのに時間がかかる人は、読むペースがまちまちだったり、進んだり戻ったりしている人もいるでしょう。必要に応じて戻ることもありますが、何度も行ったり来たりしていては時間がかかってしまいます。

長文を音読をするときには、しっかり目でとらえないと読めませんから、自然と集中力を磨くことになります。これを繰り返しているうちに、黙読でも集中してとらえることができるようになりますよ。リズムをつくるという効果もありますが、集中して読むことを習慣づける効果は大きいです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「速く読めるようになるすすめ方やポイント」について見てきた。焦る気持ちもわかるが、雑に読んで解答欄を埋めるより、丁寧に読んで解ききれない方が点数が高いことが多い。丁寧に読むための力をつけて練習をしながらスピードを上げるべきだ。

長文を速く読むには、地道な努力と雑に読まない決意が必要

長文を速く読むための基本として、「語彙力」と「文法理解」のレベルアップが必要でした。知識と理解が十分であれば、詰まることなく読みすすめられますから時間に余裕ができるのは当然ですね。

また、一番大切なのは「丁寧に読み続ける」ことでした。最初は「丁寧で遅い」状態でも、「語彙力」や「文法理解」「音読による集中力アップ」などが重なる中でスピードが上がっていきます。どれか一つだけやって速く読めるようにならないので、総合的な力をつけながら数ヶ月単位で取り組むといいですね。

Share:
yamato810