アメリカの歴史世界史歴史独立後

公民権運動の中心人物「キング牧師」とアフリカ系アメリカ人の地位向上の歴史を元大学教員がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。入植が開始されたとき、アフリカやカリブから黒人奴隷をアメリカ大陸に連れてきた。そのため南北戦争後に奴隷解放となってからも人種差別が長らく続いた。同時に、アフリカ系の知識人が社会的地位を向上させるために講演や運動を展開する。これらの運動のクライマックスとなるのが「キング牧師」を中心に行われたワシントン大行進だ。

それじゃ、アフリカ系アメリカ人の地位向上の歴史と、「キング牧師」の活動に至るまでの経緯を、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。アメリカ公民権運動の歴史を見ていくとき「キング牧師」を避けて通ることはできない。「キング牧師」は、アフリカ系アメリカ人が「法的な平等」を手にすることに貢献した人物。そこで、「キング牧師」をキーワードに、アフリカ系アメリカ人の地位向上の歴史と、公民権運動が高まる経緯について解説していく。

アフリカ系アメリカ人の祖先は奴隷として連行されてきた

image by PIXTA / 54063346

広く知られている事実ですが、アメリカに住んでいる人々の一部の祖先は、アフリカから強制的に連れてこられました。アメリカ大陸にて開拓を進めていくなかで、たくさんのアフリカ系の人々が劣悪な環境のなかで肉体労働を強いられることになります。

連行中に多くの死者を出した奴隷船

最初は入植者と一緒にアメリカ大陸に渡ったことが、アフリカ系アメリカ人の最初とされています。アフリカの人々の売買を専門とする奴隷貿易商が登場したことで、アフリカの人々の扱いがさらにひどくなりました。

奴隷として働かせる人々を連行する際、大人数を船のなかに詰め込むことに。アメリカ大陸に到着するまえに、たくさんのアフリカの人々が病気や飢えなどで亡くなりました。船中で反乱が起こることも。その場合は到着後に厳しく罰せられたと言われています。

プランテーション経営のため南部にて重宝された

アメリカ大陸に連行されたアフリカの人々は、男、女、子どもを問わず「競り」にかけられました。奴隷として売られたアフリカの人々は、主に綿花やたばこ、サトウキビ等を栽培するプランテーションを開拓・維持するための肉体労働に従事しました。

とくにプランテーション経営が経済の中心となっていたアメリカ南部は、アフリカの奴隷なしでは農園を維持することが困難なほど依存度が高まりました。一方、工業化が進んだアメリカ北部は、奴隷の依存度が少なくなったこともあり解放を主張する流れが出てきます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

最後の奴隷船クロチルダが出航したのは1860年。そのときの残骸がアラバマ州で見つかったそうだ。1808年に奴隷の輸入が禁止されているので、これは密輸船ということになる。約110人のアフリカ人が乗せられていたらしい。

南北戦争の終結により奴隷解放が行われる

Battle of Hampton Roads 3g01752u.jpg
By Kurz & Allison., – This image is available from the United States Library of Congress‘s Prints and Photographs division under the digital ID cph.3g01752. This tag does not indicate the copyright status of the attached work. A normal copyright tag is still required. See Commons:Licensing for more information., Public Domain, Link

農業中心の南部と工業中心の北部は、政治をめぐる衝突が激しくなったとき、奴隷制度を維持するかどうかが争点のひとつとしました。最終的に北部軍が勝利したため、入植から続いてきた奴隷制度は廃止されます。

人種隔離政策は「キング牧師」の公民権運動の時期まで継続

北部軍は奴隷制度の廃止を訴えていたものの、必ずしも平等の精神があったわけではありません。そのため1865年に南北戦争が終わったあと南部における「人種隔離」を合法的に認めました。そこで、バス、レストラン、エントランス等、「白人専用」「黒人専用」が設けられることに。

この政策は「ジム・クロウ法」と呼ばれ、1876年から1964年にかけて南部にて存在。「ジム・クロウ法」は、キング牧師を中心とする公民権運動がクライマックスに達するきっかけを作ることになります。

\次のページで「元奴隷の教育者ブッカー・T・ワシントンの活躍」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: